相談センターブログ

関西支社

遺骨ペンダントへのお骨の納めかたのご紹介 ~大阪梅田の大野屋より~

2011年11月18日


  

 

前回記事に関連して・・・

 

手元供養品をお考えのお客様からいただくご質問のひとつに 「お骨の納め方はどういう風にしたらよい?」 というものがあります。

 

手元供養品、なかでも、小さな遺骨ペンダント へのお遺骨・お遺灰の封入の仕方は、気になるところ...

今回は、その方法について簡単にご紹介させていただきます。(入れ方 いれかた 収め方)

 

 

 

前回記事でご紹介しましたとおり、遺骨ペンダント「ソウル・ジュエリー」は小ぶりなデザインが特徴です。

小さなペンダントトップのなかにお骨が納められるのか気になるところですが、どうぞご心配なくー。

専用のロート(ジョウゴ)を使えば、らくにお納めすることができます。

詳しくは動画でどうぞ。↓

 

動画内で使われているロート(ジョウゴ)は、遺骨ペンダントの付属品として商品に含まれています。

 

ドライバーはご家庭でご用意くださいませ。

 

 

ペンダントトップに納めるお骨は、お骨壷の中などに小さなかけらがあるようでしたら、そちらをー。

封入口を通る大きさのものがない場合は、ハンカチなどで包んで押さえていただくと、口を通るくらいの大きさになりますので、お試しください。

 

難しそうに思える封入ですが、ご購入されたお客様からは 「思ったよりも簡単にできました」 とのお声も多いです。

 

ご質問等ございましたら当店 でもお答えしていますので、お気軽にお声をかけてくださいね。

 

 

大阪駅から徒歩6分、各線梅田駅からもスグのメモリアルアートの大野屋関西支社では、みなさまのご来店お問い合わせをお待ちしております。

 

→ 大阪梅田の大野屋のご案内はコチラをどうぞ

→ 新商品も続々登場♪ HPでも商品をご覧いただけます。




関西支社
関西支社(お墓の相談センター) 大阪市北区梅田1-11-4-1108 大阪駅前第4ビル11階

0120-30-7777

[営業時間] 9:30~17:00 [定休日] 水曜日

店舗詳細

  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム