相談センターブログ

関西支社

サクラサク ~桜の絵柄のミニ骨壷を展示しています~ 大阪梅田の大野屋にて

2013年02月19日


 

受験シーズンも大詰めです。

通勤電車のなかでは、連日のように

参考書を開いて最後の追い込み勉強をする学生さんをみかけます。

 

風邪やインフルエンザ、また当日のお天気など、冬場の受験には心配事も多いですが、

受験生のみなさん、リラックスして力の限りを尽くしてくださいね。

春にはたくさんの桜が咲きますように・・・(^-^人)。o○

 

 

当店では桜の絵柄のミニ骨壷を展示しています。

 

本漆のなめらかな仕上がりのミニ骨壷は、

茶道具のなつめや塗汁椀の製造を手がけている多田桂寛の伝統工芸師の手により、

丹念につくられた逸品です。

 

(明治10年創業の山中漆器の老舗、多田桂寛の伝統工芸師たちの手により作成されています)

 

( 左: ミニ骨壷『蒔絵』さくら / 右: ミニ骨壷『蒔絵-あわせ-』 白檀さくら・春秋流水 )

 

漆は天然の塗料(木の樹液)であるため、有害物質を含まず、

また、いったん乾燥すると非常に強靭な塗膜を形作るため、耐水性・防腐性にも優れています。

このため、納めたものを大切に守り続けていくことができます。

月日を経るごとに艶を増し、深みのある美しい姿へと変わっていく様子も

本漆ならではの魅力といえるでしょう。

 

( ミニ骨壷『蒔絵』『蒔絵-あわせ-』の内側の様子。内蓋と外蓋の二重構造で、大切な方をお守りします )

 

桜といえば春に咲く花ですが、桜の絵柄のミニ骨壷は、

当店では季節を問わず人気のある手元供養品のひとつです。

 

( 左: ミニ骨壷『蒔絵』の付属品一式 /右: ミニ骨壷『蒔絵-あわせ-』の付属品一式 )

 

ミニ骨壷『蒔絵』は

・銘入り個装箱

・ミニ骨壷

・山中漆器説明書

・お骨の納め方(ちりめんシール付き)

のセットでお届けいたします。

(『蒔絵-あわせ-』は、ミニ骨壷を収納できる専用ケースも付きます)

 

オプションで文字入れを施すことも可能ですので、ご興味をおもちの場合は

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

桜の絵柄のミニ骨壷『蒔絵』は

JR大阪駅・各線梅田駅から徒歩スグの大野屋で展示しています。

 

ミニ骨壷『蒔絵』

ミニ骨壷『蒔絵-あわせ-』

メモリアルアートの大野屋関西支社

ミニ骨壷・遺骨ペンダントって?手元供養のご案内はコチラ




関西支社
関西支社(お墓の相談センター) 大阪市北区梅田1-11-4-1108 大阪駅前第4ビル11階

0120-30-7777

[営業時間] 9:30~17:00 [定休日] 水曜日

店舗詳細

  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム