相談センターブログ

関西支社

桜の季節はすぐそこまで♪ 桜模様のミニ骨壷ご紹介

2013年03月08日


 暖かい日が続いていますね(^-^)

 

   

  

この気温の高さで桜のつぼみも順調に生長しているそうで、大阪の桜の開花予想は、例年より2日早い3月26日だそうです。(tenki.jp 桜の開花予想<第3回>2013年3月6日発表分より)

お花見シーズンが楽しみですねo(^-^)o

 

桜といえば、過去記事で桜の模様をあしらったミニ骨壷をご紹介しましたが、以前ご紹介したもの以外にも桜モチーフのミニ骨壷がありますので、すこしご紹介させてくださいね。

 

 

ミニ骨壷 蒔絵-きわみー

 

以前ご紹介したミニ骨壷『蒔絵』の上位シリーズです。

 

『蒔絵』では平面状に模様が描かれていますが、『蒔絵-きわみ-』は各々のモチーフが立体的に描かれているのが特徴です。

これは、蒔絵技法のひとつである高蒔絵(たかまきえ)を使うことで可能となったもの-。

漆などで紋様(模様)部分を高く盛り上げることで、モチーフを立体的、かつ鮮やかに見せてくれます。

 

  

(↑ 平蒔絵技法によるミニ骨壷『蒔絵』 さくら ↑)

(↑ 高蒔絵技法によるミニ骨壷『蒔絵-きわみ-』 さくら↑)

 

金粉や螺鈿(らでん)細工がふんだんに施されているのも『蒔絵-きわみ‐』の特徴です。

 

(↑ 螺鈿細工が印象的なミニ骨壷『蒔絵-きわみ-』 春秋流水 ↑)

 

光のあたり方によって白や青に輝く螺鈿細工のミニ骨壷は、大切な思い出とともに、日々さまざまな表情を見せてくれそうですね。

 

中の構造は『蒔絵』と同じく、安心の二十蓋式-。ですが、

『蒔絵-きわみ-』シリーズの中蓋は、中蓋にも美しい絵柄が描かれています。

 

(↑ ミニ骨壷『蒔絵-きわみ-』 さくらさくら の中蓋の模様 ↑) 

 

大切な方も美しい花の絵を見ながら安らかに眠ることができるように...

なんとも嬉しい気遣いですよね。

 

その他にも『蒔絵-きわみ-』には、日本の伝統工芸の技と細やかな気遣いがつまっています。

ご紹介しきれない魅力は、HP動画でぜひ-。

 

当店では『蒔絵-きわみ-』は、お取り寄せにてご注文を承っております。

一部の商品はご注文後の製作となりますため、ご興味をおもちの場合はお問い合わせくださいませ。

みなさまのお問い合わせご来店をお待ちしております。

 

ただいまミニ骨壷・遺骨ペンダントの相談会を開催中-。

大阪駅・梅田駅から徒歩スグのメモリアルアートの大野屋関西支社

ミニ骨壷『蒔絵-きわみ-』

ミニ骨壷『蒔絵』




関西支社
関西支社(お墓の相談センター) 大阪市北区梅田1-11-4-1108 大阪駅前第4ビル11階

0120-30-7777

[営業時間] 9:30~17:00 [定休日] 水曜日

店舗詳細

  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム