相談センターブログ

関西支社

人気上昇中の遺骨ペンダント「リーフハート」のご紹介

2014年01月24日


今日はいくぶんか寒さが和らぎましたね(^-^*)

 

 

今日は、現在じわじわとお問い合わせ上昇中の遺骨ペンダント「スワロフスキー・ジルコニアシリーズ」より『リーフハート』をご紹介したいと思います。

 

□商品紹介の前に、まずは遺骨ペンダントって?

→ お遺骨・お遺灰を納めることのできるペンダントです。

一見すると普通のアクセサリーのように見えますが、ペンダントトップの裏面や底面にお遺骨の封入口があり、口を開けると中は空洞になっています。

 

ペンダントのデザインによって、封入口の位置は異なります。

また、ドライバーで開閉するタイプのものや、手で開け閉めするタイプのものなど、商品によって開閉方法に違いがあります。

 

□どのくらいの量のお遺骨が入るの?

→ ペンダントトップの大きさやデザインにもよりますが、米粒1~2粒分くらいの量のお骨やお遺灰を納めることができます。

当店でご紹介しているSoul jewelryシリーズは、ファッション性も大切にしているため「いかにも」ではない小ぶりなものやシンプルなものも豊富にご用意しています。

 

百聞は一見にしかずとも言いますし、気になる方は是非いちどお店へお越しいただければと思います(^-^*)

 

それでは、商品を見ていきましょう。

 

 

「リーフハート」の名のとおり、葉っぱのようなハートのようなデザインの遺骨ペンダントです。

葉っぱ?ハート?の片側はつるんとしたシルバー素材、そしてもう片側はスワロフスキ・ジルコニアが敷き詰められています。

鮮明な写真でなくて申し訳ないのですが、ストーンのなかでも抜群の輝きをもつスワロフスキー・ジルコニアが使用されているので、光を受けてキラキラ輝く様子が美しいとご好評をいただいています。

 

お遺骨の封入口(インナーポケット)は裏面にあります。

 

 

チェーンは気分や服装にあわせて調節しやすいシリコン・アジャスター式。

丸いボール部分をかるくつまんで引っ張ると、簡単に調整できます。

 

 

ペンダント本体の他、写真の付属セットでお渡しさせていただいています。

ミニミニサイズのドライバーとジョウゴが付いているので、お遺骨の封入も意外と手間なくしていただけます。

 

当店ではさまざまな遺骨ペンダントをご覧いただけますので、お気軽にお越しくださいませ。

みなさまのご来店お問い合わせをお待ちしています。

□メモリアルアートの大野屋 関西支社

http://www.ohnoya.co.jp/office/consultation/kansaishisya.shtml

□遺骨ペンダント「リーフ・ハート」

http://www.mao-online.com/fs/temoto/09-51-0090




関西支社
関西支社(お墓の相談センター) 大阪市北区梅田1-11-4-1108 大阪駅前第4ビル11階

0120-30-7777

[営業時間] 9:30~17:00 [定休日] 水曜日

店舗詳細

  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム