相談センターブログ

関西支社

手元供養品には遺骨しか納めてはいけないの?

2015年08月16日


当店へは遺骨ペンダントや遺骨ブレスレット、またミニ骨壷に関するさまざまなお問い合わせを頂戴しますが、「手元供養品には遺骨しか納めてはいけないの?」もよく頂戴するお問い合わせのひとつです。

 

 

お遺骨を納めることが多いミニ骨壷ですが、決してお遺骨やお遺灰しか納めてはいけないというわけではありません。

女性様でしたらネックレスやピアス、指輪などのアクセサリー類を。男性様でしたら、ネクタイピンや愛用されていたお洋服のボタンなど、故人様が残された小さな遺品や形見のお品を入れられる方もいらっしゃいます。

 

(↑ ミニ骨壷「リモージュ」に遺骨ペンダント「オープンハート」を納めた様子。 ↑)

(↑ ミニ骨壷「リモージュエッグ」にピアスを納めた様子。↑ )

 

ミニ骨壷は片手の平にのるくらいのサイズ感ですから、お納めできるお品も小さなものになりますが、ゆえに場所をとらずにお祀りできるという利点もあります。

 

(↑ ミニ骨壷「深川製磁 想い合子」に遺骨ペンダント「エレガントレース」を納めた様子。↑) 

(↑ ミニ骨壷「ポケット」にピアスを納めた様子。↑)

 

「住宅事情から場所をとるものを置くのは難しい」「宗教にこだわらずにご供養をしたい」といったご理由から、ミニ骨壷に納めた思い出のお品とともにお写真やお花を飾り、小さなお祀りのスペースを作られる方も多くいらっしゃいます。

そんなご希望を反映してか、最近は省スペース、かつお部屋のインテリアにもなじみやすい簡易型のお仏壇である「ステージ」や、思い出のお品とお写真を一緒に納められるフォトスタンドなどのバリエーションも増えてきました。

 

(↑ 簡易型のお仏壇「ステージ」 ↑) 

 

(↑ ボックス型の写真立ての中にミニ骨壷や形見のお品を納められる「メモリアルフォトスタンド ボックスフレムーム」↑)

 

当社の「ソウルシリーズ」は、従来の仏具のイメージとは異なる明るい雰囲気のお品で取り揃えられた手元供養品のシリーズです。

ご検討の折はお気軽に店舗へお越しくださいませ。 

 

□メモリアルアートの大野屋 関西支社

http://www.ohnoya.co.jp/office/consultation/kansaishisya.shtml

(一部の商品についてはお取り寄せでのご対応となります。

お取り寄せに日数を要する場合がございますため、ご見学ご希望の際はお早めにお声をかけていただけると幸いです)

□ソウルステージ(簡易型仏壇)のご案内はこちら

http://www.ohnoya.co.jp/temoto/stage/presso.shtml

□思い出のお品と写真が納められる「メモリアルフォトスタンド」(写真たて)はこちら

http://www.ohnoya.co.jp/temoto/cinerary-urn/p-s_w-f.shtml

 □ミニ骨壷(ソウルプチポット)のご案内はこちら

http://www.ohnoya.co.jp/temoto/cinerary-urn/




関西支社
関西支社(お墓の相談センター) 大阪市北区梅田1-11-4-1108 大阪駅前第4ビル11階

0120-30-7777

[営業時間] 9:30~17:00 [定休日] 水曜日

店舗詳細

  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム