相談センターブログ

関西支社

お骨を身につけても法には触れないの?

2016年03月21日


 

メモリアルアートの大野屋関西支社です。

 

当店へは遺骨ペンダントや遺骨ブレスレットに関するさまざまなお問い合わせを頂戴しますが、「お骨を身につけても法に触れないの?」もよく頂戴するお問い合わせのひとつです。

 

 

遺体の火葬は「墓地・埋葬等に関する法律」で規定されていますが、その後の焼骨の扱いについての規定はなく、焼骨を何らかの容器に納めて身につけても法律に触れることはありません。

 

 

もうひとつ、似たお問い合わせに「お遺骨はすべてお墓に納めないと成仏できないのでは?」といったお声もありますが、こちらもご心配ありません。

 

たしかに「分骨をすると成仏できない」とお考えの方もいらっしゃるのですが、仏教の教えの中にそういったことはなく、お釈迦様のお骨も世界中に分骨されています。

また、関西地方では古くから分骨が広く行われており、火葬場にてお骨の一部を拾う部分拾骨や、お墓とは別に宗派のご本山にお骨の一部を納めることも一般的にされています。

 

当店で手元供養品をご購入されるお客様の多くは、大切な方を日々近くに感じていたい、生きる糧としたいとお考えです。

店頭では、ご家族さまでわいわいと故人さまの思い出話をしながら、皆さまで楽しく手元供養品をお選びになる様子をお見かけすることもよくあります。

 

大切な方を近くに感じながらご供養を行い、少しでも早く悲しみから抜け出すことができれば、故人さまもきっとご安心されるのではないかと思います。

 

ちなみに、先日お越しくださったお客様は「おじいちゃんのお骨を納めたいのだけれど、おじいちゃんはピンク色が似合ってたから、この色にしよう」と、ミニ骨壺「シンプルモダン/スウィートピンク」をお選びなられました。

 

 

きっとおじいちゃんも微笑ましい気持ちでみなさまを見守ってくださっていることと思います。

 

□遺骨ペンダント、ミニ骨壺など手元供養品はこちら

http://www.ohnoya.co.jp/temoto/

 

□メモリアルアートの大野屋関西支社(梅田駅、大阪駅から徒歩すぐ)

http://www.ohnoya.co.jp/office/consultation/kansaishisya.shtml




関西支社
関西支社(お墓の相談センター) 大阪市北区梅田1-11-4-1108 大阪駅前第4ビル11階

0120-30-7777

[営業時間] 9:30~17:00 [定休日] 水曜日

店舗詳細

  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム