相談センターブログ

関西支社

プラチナ&ダイヤモンドシリーズ、展示しています

2016年08月27日


 

こんにちは。メモリアルアートの大野屋関西支社です。

 

暦の上ではとうに立秋をすぎたというのに、まだまだ暑い日が続きますね。

きびしい残暑を反映してか?店頭では、プラチナやホワイトゴールドなど涼しげなホワイトカラーの遺骨ペンダントが、まだまだ人気です。

 

プラチナといえば、このたび関西支社では「プラチナ&ダイヤモンドシリーズ」のペンダント3点を常時、店頭展示することになりました。

 

 

プラチナ素材に0.2ct以上のダイヤモンドがセッティングされた遺骨ペンダントです。

これまでは実際の商品をご覧になりたい場合、お取り寄せにて対応していたため、数日お待ちいただいていたのですが・・・

これでいつでもご覧いただけます(^-^*)

 

(↑ 左:ロンバス・中央:グローブ・右:スフィア ↑) 

 

3つのデザインからなる「プラチナ&ダイヤモンドシリーズ」ですが、3つとも主石ダイヤは0.2ct以上、かつ婚約指輪にも使用されるVSクラスが使用されています。

肉眼で見るかぎり、内包物もみとめられない美しいダイヤです。

中央宝石研究所(CGL)の鑑定書も付いています。

 

 

鑑定書つきのダイヤのトップを支えるのは、丈夫でダイヤとプラチナの迫力にも負けないベネチアンチェーン。

 

 

アジャスターで長さ調整もできます。

 

 

ちなみにチェーンの長さは一般的なネックレスチェーンの長さ40cmに約5cmの調節アジャスターが付いています。

 

(↑ 左:ロンバスの表面・右:グローブの裏面。裏面下部にお骨の封入口があります。↑) 

 

インナーポケット(お遺骨の封入口)は裏面です。

不鮮明な写真で申し訳ありませんが、向かって右の「グローブ」の下部にネジ穴が空いている様子、わかりますでしょうか?

ネジを開けていただくとペンダントトップの中は空洞になっており、お遺骨やお遺灰を納めていただくことができます。

ペンダントには付属品として、専用ドライバーやジョウゴなどの付属品が付きますので、それらを使用して開閉をしていただきます。

 

遺骨ペンダントをご検討のお客様からは「お守りのようにいつも身に着けたいので、長く使えるものが良いな~と思っています」というお声をいただくことがあります。

耐久性に優れたプラチナと、自然界で最も硬く、最も高い屈折率をもち、いつまでも輝くダイヤの組み合わせで出来た遺骨ペンダントは、長くご愛用いただけることと思います。

店頭ではパンフレットなどもご用意もありますので、気になる方はお気軽にお越しくださいませ。

 

□メモリアルアートの大野屋 関西支社(大阪駅・北新地駅・梅田駅から徒歩スグ)

http://www.ohnoya.co.jp/office/consultation/kansaishisya.shtml

 

□遺骨ペンダント「プラチナ&ダイヤモンシリーズ」

http://www.ohnoya.co.jp/temoto/pendant/s-platinam-diamond.shtml




関西支社
関西支社(お墓の相談センター) 大阪市北区梅田1-11-4-1108 大阪駅前第4ビル11階

0120-30-7777

[営業時間] 9:30~17:00 [定休日] 水曜日

店舗詳細

  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム