安心サービス

メルマガ バックナンバー

2017/12/25 第167号 おせちとは?

■───────────────────────────────────■
  メモリアルアートの大野屋
--------------------------------------------------------------------------
       冠婚葬祭ナビ 『折々しきたり想いやり』2017/12/25

                         http://www.ohnoya.co.jp
■───────────────────────────────────■

本メールはメモリアルアートの大野屋よりお送りする、お役立ち情報マガジンで
す。弊社のお客様、メールアドレスをご登録頂いた方へ毎月1回配信させていた
だいております。

今後このメールマガジンがご不要でしたら、お手数をお掛けいたしますが、下記
より解除をお願い申し上げます。アドレスのご変更も下記よりお願いいたします。

配信停止はこちらから→
      https://www.ohnoya.co.jp/contact/mailmag_kaijo.php

アドレスの変更はこちらから→
      https://www.ohnoya.co.jp/contact/mailmag_henko_f.php

バックナンバーはこちらから→
      http://www.ohnoya.co.jp/anshin/mail_backnumber/index.shtml


┏━ 今月号 もくじ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 1◆ 仏事のお役立ち情報   
┃   「 おせちとは? 」
┃      
┃ 2◆ 川島ママの“昭和は遠くになりにけり”
┃   「 年の暮れに思うこと 」

┃ 3◆ お知らせ 
┃ 「 年末年始休業のお知らせ 」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メリークリスマス☆★大野屋の和田です。

我が家のクリスマスは、ツリーの飾りと紛れてお菓子が沢山隠されていました。
プレゼントも勿論楽しみですが、お菓子を見つけるのが楽しくて(母が上手く隠
すもので)、恥ずかしながら高校生までやって貰っていました(苦笑)
最近になって知ったのですが、どうやら祖母の代からツリーにお菓子を隠す伝
統は始まっていたようです^^自分がして貰って嬉しかった思い出は、これから
も繋げていきたいですね。

さて、今年最後のメールマガジンとなります。
1年間お付き合いいただき、有難うございました。
そしてまた来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


★お問い合わせ受付件数30万人突破キャンペーン★
抽選で30名様へプレゼント♪残りあと6日で締切りです!

http://www.ohnoya.co.jp/anshin/telephone_center_pre/

━1━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 仏事のお役立ち情報 「 おせちとは? 」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

お正月は、もともと「年神(としがみ)」という神様を家に迎えるお祭りです。
年神様は、先祖の神様とも、田の神様とも言われ、さまざまなお供え物を用意し
て、新しい年の家内安全と繁栄を願います。

「おせち」もその一つであり、もとは「節供(せちく)」と言って季節が変る節目の
日に、神様にお供えしたおめでたい料理です。これが今ではお正月の料理と考え
られるようになりました。
お料理にもそれぞれ大切な意味が込められています。

◇黒豆…「まめ(元気)に過ごせるよう」
◇数の子…たまごの数にあやかって「子だくさん」
◇田作り(ごまめ)…豊作を願って
◇昆布巻き…「喜ぶ」という言葉に通じる
◇栗きんとん…黄金色で縁起が良い
◇里芋…1つの苗から沢山の芋が出来ることから「豊作」「子だくさん」
◇八頭…「大勢の人の頭」になれるように
◇ぶり…成長とともに名前が変わる「出世魚」
◇干し柿…「かき取れる」ように幸せをあつめられるように

デパートなどの豪華なおせちもありますが、新しい年の幸せを祈って1品でも手作
りのお料理をご自宅で準備してみてはいかがでしょうか^^


「お正月のしきたり」
http://www.ohnoya.co.jp/faq/kidsqa/winter/w_031.shtml


━2━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 川島ママの“昭和は遠くになりにけり”
      「 年の暮れに思うこと 」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ブライダル会社出身のシニアコンサルタント・川島 敦郎(かわしま あつろう)
が、日々の憤まんや哀切を語ります。
------------------------------------------------------------------------

今年もまた大晦日を迎えられそうです~(^^;)一年は早いものですね。

思えば、子供の頃の年末年始は、冬休みが始まりクリスマスもあり、そして続い
て大晦日とお正月が来て…お年玉もありますし…楽しいイベントが続きました。
大晦日の晩は夜更かしをしても怒られず、徹夜して初詣に行くと言いながらいつ
も寝てしまいました。

学生時代は、家族よりも友人と過ごすことの方が楽しくて、余り家にいなかった
気がします。結婚して家族が出来ると、年末年始は子供中心に過ごすようになり
ました。
そうして何十年が過ぎ、僅か60余年の人生ながら様々な思いもあり…
「年の暮れ」はやはり心に沁みます。

今は仏事関係の仕事をしながら、皆様の「終活」のお手伝いもさせていただいて
おりますが、なかでも難しいと思われるものは「断捨離!」ですね。
頭では分かっていても、中々完全には出来ません。特に年末はどこでも「大掃除」
となり、「断捨離」には良い機会といえます。ところが、私は毎年自分の部屋を
片付けられません(苦笑)。
大切な本は勿論、雑誌や文庫本でも、その時その時代を過ごした痕跡があり、捨
てられずにいます。しかも最近のものより、昔のものの方が捨てられません。

ご相談をいただくお客様の中には、思い出の品から人間関係のお付き合い(例え
ば年賀状など)まで整理し、「断捨離」を済ませている方もいらっしゃいます。
素晴らしいと思いつつも、まだまだ真似はできません。
何故か「懐かしさ」というものは年と共に深く響いてきます。そしていつの間に
か、心の拠り所ともなっています。

・・・と、ここまで書いてみて、はっきり判りました。
一番の問題点を、いま、自分で書き出していたということを。
だらしない、整理してない、懐かしさにすがっている私自身だということを。
・・・・だからこその「終活」であり、「断捨離」なのですね。

決して「家族の負担を減らす為」でなく、自身の人生の為に大切な事だと気付き
ました。今年の大掃除は少し頑張って、半分位?は片付けないと…


━3━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ お知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【年末年始休業のお知らせ】

大野屋テレホンセンターでは、年末年始も休まずご相談を承っております。
12/28(木)~1/4(木)までの期間は【9:00~17:30】までの短縮受付になりま
すので、ご注意ください。

各事業所の年末年始の営業時間は以下のリンクからご覧下さい。
http://www.ohnoya.co.jp/news/201712/010296.shtml
  
_____________________________________________________________


[大野屋WebShopのご紹介]

仏具はもちろん、手元供養やお線香まで、幅広く取り揃えています。
便利でお得な大野屋のネットショッピングをご利用ください!

◎大野屋WebShopはこちら
http://www.ohnoya-webshop.com/

_________________________________________________________________


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
┌──┐株式会社 メモリアルアートの大野屋   編集:和田 華奈
│\/│                  
└──┘〒163-0638 東京都新宿区西新宿1丁目25番1号 新宿センタービル38階
    TEL 0120-02-8888
    メールマガジンへのご意見、ご感想、お問い合わせは
                          m-pr@ohnoya.co.jp
    ご相談は
        https://www.ohnoya.co.jp/contact/memoria.php へどうぞ。

    ホームページもご覧ください。http://www.ohnoya.co.jp


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム