仏壇・仏具最新情報

さぎ沼

入園!入学!花まつり!!

2008年04月01日


こんにちは。さぎ沼店長の池田です。
4月ですね。入園、入学ですね。いえいえ「花まつり」なんです。

お釈迦様は、今から2500年前に、インドの北、ヒマラヤのふもと、シャカ族の
国の王子として、4月8日、ルンビニ-の花園で生まれました。

このお釈迦様のお誕生をお祝いする行事が「花まつり」です。シャカ族の国は、
カピラ国といい、王様をスッド-ダナ、お妃さまをマ-ヤ-といいました。

二人は、心のやさしいおかたでしたが、子供がなく悲しんでおられました。
ある夜、マ-ヤ-さまがふしぎな夢をごらんになりました。

それは、紫色の雲にのった真っ白い象が、ひかりかがやきながら自分の
右わきからからだの中に入ったという夢でした。

やがて、マ-ヤ-さまに、 赤ちゃんがやどり、お妃の国に里帰りの途中、
美しい花の咲きほこるルンビニ-の花園で、かわいい王子が生まれました。

生まれたばかりの王子は、すぐ7歩あゆまれ、右手を高く天をさし、左手を強く
大地をさして「天上天下 唯我独尊」と声高く叫ばれました。

すると、この声にあわせるように、ルンビニ-の花園の木々は、みな一度に
いろいろな花をさかせ、小鳥たちは、うれしそうにさえずり、天からは、甘露の
雨がふりそそぎ、すばらしい、いのちの誕生を祝いました。

北海道では、4月8日ではまだ雪もあり時期的なこともあって、桜の花の咲く1ヶ月
遅れの5月に行われることが多いようです。

また「花まつり」のことを、「降誕会」「潅仏会」(かんぶつえ)ともいいます。
普通、「花まつり」は、お釈迦様の誕生になぞらえて、花で飾った花御堂の中に

誕生仏を安置し、その仏様に甘茶を注いでお誕生を祝います。又、パレ-ドの時に、
張り子の白象を引くのは、仏様をこの世につかわしてくれた動物であるといくことからです。

「人間として生まれてきた真の意義」を私たちに明らかにするために、お生まれになったお
釈迦様のお誕生を心からお祝いしましょう。

  s-%E8%8A%B1%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A2.jpg     s-%E8%8A%B1%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A1.jpg          

※メモリアルギャラリーさぎ沼では「花まつり」にちなんで、4/1~4/30の期間、
 「花まつりフェア」を開催します。
※メモリアルギャラリーさぎ沼の最新情報は、さぎ沼ホームページ
http://www.ohnoya.co.jp/office/buddhist/saginuma.shtml、またはぱど携帯メールサイト
からご覧いただけます。

大野屋メモリアルギャラリーさぎ沼 詳細ページはこちら




大野屋メモリアルギャラリーさぎ沼
大野屋メモリアルギャラリーさぎ沼
※2015年12月6日(日)をもって閉店
  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内