仏壇・仏具最新情報

さぎ沼

研修第一日目

2009年11月01日


こんにちはMGさぎ沼の萩原です。

今回は、皆様に先日ご報告いたしました研修の内容をお届け
したいと思います。

 第一日目は、水雲山潮音寺さんでの研修でした!
法相宗大本山薬師寺の東関東別院である潮音寺は、
檀家を持たず、お葬式をせず、お墓を持たない全国でも
珍しいお寺になります。それは何故か?

水雲山潮音寺は、学問寺でいて「心を学ぶ場所」です。
云うなれば「心の学校」といったところになります。

s-%E5%86%99%E7%9C%9F%20004.jpg

 

s-%E5%86%99%E7%9C%9F%20001.jpg

そこで、私たち研修生に教えを下さったのが
奈良薬師寺東関東別院水雲山潮音寺
大谷徹奘(おおたに てつじょ)副住職です。

実は、私、大谷先生とお会いすのは二回目になります。
一回目にお会いした時の印象が強く残っていて、今回の
研修で、どんなお話しや体験が出来るか本当に楽しみに
していました。

s-%E5%86%99%E7%9C%9F%20006.jpg

       今回の研修で一番印象に残った体験

 それは、紛れも無く「座禅」でした!!
私自身はじめての座禅研修でしたので戸惑うことも多かったです。

座禅で大事なのは、「調身・調息・調心」、姿勢・呼吸・心を
調(ととのえる)ということです。

そして座禅を始めてから五分が経過し周りがシーンと静まり返った頃に聞こえてくるのは、
「風の音」と「雨の音」そして「先生が後ろを歩く微かな音でした」。普段では、あじわうことが出来ない
なんとも不思議でいて贅沢な時間を感じることが出来ました。

              大谷先生のお話し

 大谷先生のお話の中で「気付き」と言うテーマが出てきました。
毎日、何事も無く暮らしていると大事なことが見えなくなっていて
感謝をすることすら気付かなくなっているのではないかと言うお話しでした。

お腹が空いたら食べ、喉が渇いたら水を飲み
正直、当たり前のことだと思っていたことが当たり前ではなかったこと。
「世の中に当たり前はないんだ」ということに気付きました。

誰かが用意していてくれるから食べることが出来、飲むことが出来る。
人は、気付くことが出来てこそ感謝することが出来る。

この「気付く」ことに気付かせて下さった大谷先生をはじめ、この研修に関って
くださった皆様、そして研修を与えてくださった弊社に心から感謝したいと
思います。本当に有難うございました。     
                                        

 合掌   

hagiwara.gif

大野屋メモリアルギャラリーさぎ沼 詳細ページはこちら




大野屋メモリアルギャラリーさぎ沼
大野屋メモリアルギャラリーさぎ沼
※2015年12月6日(日)をもって閉店
  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内