霊園四季便り

霊園四季便り(関西支社)[雲龍院「龍華堂」]

風薫り、静寂をつつむ雲龍院

2012年04月27日


     

初夏を思わせる今日、雲龍院様では、1年間に寄せられたお写経が後円融天皇
御分骨所に納経される法要が執り行われました。

 丁子・塗香・酒水・香象のお清めを受けられた、参列の方々は、鐘の音と共に御導師・式衆の入堂し、手香炉と散華で堂内を清められるのをお待ちになります。

   式衆が、天皇様にもお写経 遊ばされるようにと、墨をする為の水を加持し、そなえられます。

   
 

井戸のまわりには、散華

 

 

 後光厳天皇・後円融天皇・後小松天皇・称光天皇の回向を申し上げ、

 

 法華経の書写がはじめられます。

参列の方々は、般若心経の写経をされております。

   法華経 の納められた筒は御輿へとのせられ、
   酒水・散華で」清められた天皇陵への参道へと御輿はすすみます。

雲龍院様のHPはこちらから

雲龍院室内墓苑「龍華堂」はこちらから

龍華堂のお問い合わせこちらから


雲龍院「龍華堂」の記事一覧

  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム