1. ホーム
  2. 会社概要
  3. プレスリリース&ニュースレター
  4. 2004年
  5. 海外山岳散骨サービス「モンブラン葬」の受付開始

プレスリリース&ニュースレター 2004年

海外山岳散骨サービス「モンブラン葬」の受付開始

2004年07月23日



日本でお墓に埋葬されたご遺骨を分骨し、ご遺族自らが現地で散骨

株式会社メモリアルアートの大野屋(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:大澤秀行)では、モンブランの山頂などで散骨を実施する海外散骨プラン「モンブラン葬」(出発日:平成16年10月1日)施行希望者の募集を8月1日(日)より開始します。

近年の価値観の多様化に伴い、散骨も海洋葬という形で定着してきた感があります。一方で、山岳での散骨を望む方も多いのですが、国内の山岳での散骨実施は法律や地元住民への配慮などから事実上不可能というのが現状です。この「モンブラン葬」は、フランス国内で散骨サービスを手がける「フランス葬儀情報協会(AFIF)」※1と提携し、フランス国内で実施することで、日本人でも安心して山岳散骨ができるようになったものです。散骨ポイントは、ヨーロッパアルプスの最高峰・モンブラン(標高4,807m)の山頂などで、いずれも世界的な名勝です。「モンブラン葬」は、一昨年春に第1回目を実施しましたが、その後、イラク戦争や新型肺炎(SARS)などの社会状況に配慮し見送っていたため今回が第2回となります。

施行申込み対象者は、埋葬済みも含めご遺骨を現在お持ちの方です。実施内容は、遺骨の一部(分骨)をお預かりし、粉末処理を施した上でフランスへ搬送、現地で献花式を行った後、ヘリコプターによる散骨を行うというものです。実施に際しては一貫して当社スタッフが同行し責任を持って行います。また、ご遺族等は「モンブラン葬メモリアルツアー」で同行し、献花式、散骨地点が望める展望台からのご遺骨お見送りなどの散骨関連行事に参加となります。なお、心に残るお見送りとなるように、ツアーを通してガイドが付き、ヨーロッパアルプスとその周辺の観光も組み込んでいます。実施後、ご遺族へは、AFIFと当社発行の散骨証明書・証明写真をお渡しします。

今回のモンブラン散骨実施予定日は10月1日(※出発日)。申込みの締切は9月1日で、それ以降お申込の方は、次回の実施となります。料金は、散骨費 294,000円(税込)とご遺族1名の同行費用をあわせて842,000円。更に同行を希望する場合は1名につき548,000円です。
なお、当社では、一般の方々に、散骨の現状を踏まえながら葬送のあり方について正しく理解してもらい、また、モンブラン葬希望者には十分納得いただいた上で申込みできるよう、散骨の現状とモンブラン葬に関するセミナーを、8月下旬に都内で開催する予定です。

「モンブラン葬」の問合せ・申込先:
株式会社メモリアルアートの大野屋テレホンセンター 電話0120-02-8888

※1 1992年、葬儀価格の不明朗さなどを正して公正な葬儀が行われること、および消費者に多様な葬儀情報を提供することを目的にフランスで設立された団体。特定の葬儀社等と関わりを持たず、フランス基金や寄付金をもとにボランティアによって活動。葬儀情報の提供、相談受付などを実施。1998年より、消費者のニーズに応えて、モンブラン・地中海への散骨を開始。

「モンブラン葬」の特徴

1.名峰モンブランでの散骨
モンブランは、ヨーロッパアルプスの最高峰。第一回冬季オリンピックの開催地でもあり、登山やスキーの愛好家にとっては憧れの山です。一般の観光客にも人気があり、当地を訪れる日本人は年間2万人を上回るほどです。

また、モンブランは、美しい景勝地であるのはもちろんのこと、世界有数の観光地として長い歴史があるため他の高山と比べて安全性が高く、ご遺族が同行する場合も安心して見守ることができます。

「モンブラン葬」では、このモンブランの山頂を含め、その山頂から続く白い谷「ヴァレ・ブランシュ」、世界一美しいと言われる大氷河「メール・ド・グラース」のいずれか希望する場所で散骨を行います。雄大で美しいこれらの場所は、自然を愛し自然に還る場所にふさわしいといえます。

2. 日本ではじめての山岳散骨サービス
散骨サービスが普及しつつありますが、多くは外洋で散骨を実施する海洋葬が中心で、陸上での散骨は、土地所有者の許可を得た上での限られた場所でしか実施できません。国内の山岳はほとんどが国有地で、水脈への配慮などもあわせると、山岳での実施は事実上不可能です。

「フランス葬儀情報協会(AFIF)」では、5年前からモンブランでの散骨サービスを開始し、すでに日本人も4名散骨しました。当社では、このAFIFの協力を得ることで、日本で初めて山岳散骨のサービスが提供できることになりました。

3. 遺骨の一部(分骨)を散骨に使用
散骨に際しては、ご本人の想い通りに遺骨の全部を散骨してしまうと、多くの遺族が、「よりどころとして少しでも残しておけばよかった」と後悔すると聞きます。当社では、ご本人の想いを尊重するとともに、遺族のお気持ちも考慮し、遺骨の一部を散骨に使用し、並行して建墓、または永代供養墓に埋葬することをお勧めしています。

4. 山好きの方へ「奥多摩霊園」永代墓とのセットプランも
今回の「モンブラン葬」募集に際し、本骨を秩父多摩公園唯一の公園墓地「奥多摩霊園」永代墓に埋葬するセットプランを新たに用意しました。フランスの名峰モンブランと奥多摩の大自然に安心して永眠いただける、本当に山が好きな方向きのプランです。奥多摩霊園の永代合同墓に骨壷で20年間安置し、その後は永代合祀墓「アジールの塔」※2で合葬されますので、後継者のいない方や独身の方にも適しています。(別途料金)

※2 「アジール」とは、“聖域”“平和領域”を意味するドイツ語のasylに由来します。

■「モンブラン葬」実施概要

実施時期:
毎年6月、または10月に実施

散骨形式:
原則として遺骨の一部(4寸程度の骨壷に入る量)を粉末処理して散骨

散骨場所:
次の3地点から希望の場所を選択
1)モンブラン頂上付近
2)ヴァレ・ブランシュ
3)メール・ド・グラース

散骨方法:
ヘリコプターによる散骨
※ 遺族は山頂の見える展望台エギーユ・デュ・ミディから見学

散骨執行者:
フランス葬儀情報教会(AFIF)

執行証明など:
AFIFおよびメモリアルアートの大野屋が発行する散骨証明・確認書、現地散骨写真

遺族の同行:
ご遺族に対しては、献花式や散骨に参加いただくツアーを準備。

契約条件など:
契約者は三親等以内の親族とする。
分骨証明書を準備し、散骨執行後は当社で保管する。

料金:
842,000円
※遺骨粉末処理、搬送、献花式、散骨にかかる一切の費用294,000円(税込)と遺族など1名分の同行ツアー費用を含む。
※上記以外に同行を希望する場合は、1名につき548,000円のツアー費用が必要。
※遺骨を当社スタッフが引取りに伺う場合は交通費実費と手数料15,750円(税込)が別途必要。

■「モンブラン葬」散骨地点のご案内

 
▲ モンブラン山頂(白い山)4,807m
※ヨーロッパ大陸最高峰
▲ ヴァレ・ブランシュ(白い谷)3,842m
※大氷河の渓谷
▲ メール・ド・グラース(氷の海)2,013m
※世界一美しい大氷河

■「モンブラン葬」実施の流れ

1.申込み
大野屋テレホンセンターへ資料請求し、内容確認後、申込書を提出し、入金して下さい。

2.遺骨の受渡し
遺骨を4寸程度の骨壷に分骨して、分骨証明書を用意し、大野屋本社(東京都豊島区)まで持参して下さい。(※別途経費で大野屋スタッフによる自宅での受渡しも可。郵送・宅配便は不可)。遺骨と分骨証明書を大野屋に渡し、遺骨預かり証を受け取って下さい。

3.遺骨粉末処理~搬送
お預かりした遺骨は、大野屋が火葬場にて粉末処理し密封容器に封入します。大野屋スタッフが持参してシャモニーまで搬送します。※同行するご遺族は成田空港で合流となります。

4. 献花式・散骨
シャモニーにてご遺族による献花式を行います。
遺骨をヘリコプターに移してモンブラン上空より散骨。
※同行するご遺族は、散骨が望める地点からお見送りできます。

5. 証明書等の発行
散骨から約2週間後に散骨証明・確認書、現地証明写真をお渡しし、遺骨預かり証を大野屋に返却していただきます。

■モンブラン・メモリアルツアー概要

ツアー名称:
モンブラン・メモリアルツアー

旅行期間:10月1日(金)~7日(木) 7日間

旅行代金:
お一人様 548,000円
※ご遺族1名分のツアー代金は散骨費用に含まれています
※一人部屋指定の場合は追加料金74,000円

参加条件:
「モンブラン葬」のご親族、または「モンブラン葬」をご検討中の方

食事条件:
朝食5回、昼食3回(機内食を除く)

添乗員など:
現地係員兼通訳がご案内します。また、全行程、メモリアルアートの大野屋社員が同行します。

申込締切:
9月1日(水)

最小催行人員:
6名様

旅行企画:
株式会社メモリアルアートの大野屋

旅行主催:
国土交通大臣登録旅行業第64号 株式会社ジェイティービー海外旅行虎ノ門支店

旅行日程 (※交通機関の都合等で時刻などが変更となる場合があります)

日次月/日(曜)地名現地時刻交通機関日程食事
110/1(金)成田発-フランクフルト経由
ジュネーブ着
ジュネーブ発
シャモニ着
午前
夕刻
夕刻
航空機

専用バス
空路ヨーロッパ乗り継ぎにてジュネーブへ
到着後、専用バスにてシャモニへ
到着後ホテルへ(シャモニ泊)
機内

夜:×
210/2(土)シャモニ滞在午前ケーブルカー等午前はモンブラン観光
午後は献花式~エギーユ・デュ・ミディからのお見送り・故人を偲ぶ昼食会
朝:○
昼:○
夜:×
310/3(日)シャモニ
シャモニ発
ツェルマット着
午前
お昼頃
専用バスお昼頃まで自由行動
(2日に散骨を実施できない場合は3日午前に実施)
専用バスにてツェルマットへ(ツェルマット泊)
朝:○
昼:×
夜:×
410/4(月)ツェルマット滞在 車・ケーブルカー等終日:マッターホルン観光
(ツェルマット泊)
朝:○
昼:○
夜:×
510/5(火)ツェルマット発
ジュネーブ
パリ着
 専用バス
新幹線
新幹線でパリへ
新幹線内で和食弁当
到着後、市内観光(パリ泊)
朝:○
昼:○
夜:×
610/6(水)パリ発専用バス
航空機
自由行動(OP:ベルサイユ宮殿見学)空路ヨーロッパ乗継にて帰国の途(機中泊)朝:○
昼:×
夜:×
710/7(木)成田着お昼過ぎ 到着後解散機内

天候などの理由で10月2日に散骨が実施できなかった場合は翌日に順延。また、10月2、3日の両日とも天候などの理由で散骨ができない場合は、AFIFに散骨を委託し、ご遺族がお見送りできない可能性があります。

■予定航空会社:全日空(往復)※日本⇔ヨーロッパ、ルフトハンザ航空(フランクフルト-ジュネーブ)
■予定ホテル(1室2名使用):ホテルモンブラン(モンブランビュー)、シャモニーSONNE、パリ・コンコルドラファイエット

※ 海外旅行代金に消費税はかかりません。

本件に関する報道関係の方からのお問合せ先

株式会社メモリアルアートの大野屋 広報室 川上、大矢
〒171-0033 東京都豊島区高田3-13-2 高田馬場TSビル
Tel:03-5979-4403/Fax:03-5955-8801/URL:http://www.ohnoya.co.jp

もしくは下記広報代行まで

株式会社プラップジャパン CS2部 三輪(貞)、木村
〒150-8343 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル別館10F
Tel:03-3486-6868/Fax:03-3486-7502 




  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム