1. ホーム
  2. 会社概要
  3. プレスリリース&ニュースレター
  4. 2004年
  5. メモリアルアートの大野屋、「コンタクトセンター」を新設

プレスリリース&ニュースレター 2004年

メモリアルアートの大野屋、「コンタクトセンター」を新設

2004年06月28日



仏事総合サービスの株式会社メモリアルアートの大野屋(本社:東京都豊島区/代表取締役:大澤秀行)は、仏事関連情報を蓄積・管理し、消費者からの電話相談や無料情報提供を行う 「コンタクトセンター」を7月より、当本社内に新設いたします。

近年の核家族化の進行に伴って身近に相談相手が少なくなったこともあり、当社への消費者からの仏事電話相談は急増しています。また、葬送の在り方や埋葬方法も時代と共に多様化が進み、墓石を購入、葬儀を施行する以前の問題として、消費者が必要とする仏事情報を提供できる社内体制とそのサービスが必要不可欠となりました。

当社が新設する「コンタクトセンター」は、地域性や慣習・慣行に縛られ一般には分りにくい仏事情報を、当社の葬儀・墓石・仏壇といった総合仏事サービスから派生する経験や調査結果をもとに集約。消費者ニーズにあわせて仏事情報を提供する対外的なソリューションサービス部門です。

従来の仏事電話相談はもとより(対応時間を延長9時~20時)、インターネット(ホームページ・eメール)、携帯電話(携帯サイト)、ファクシミリといった各種チャネルを通じて、消費者が気軽にアクセスし、無償で迅速に、そしてインタラクティブ(双方向)に仏事情報を入手することができます。

また、同センターの帰属サポート部門として「おおのやメモリアル研究所」を併設。社会情勢や時代の変遷とともに多様化する最新の葬送・仏事情報を素早く調査・集計できるようにするなど、シンクタンク的な機能を付加しています。

当社ではこの「コンタクトセンター」を通じて、消費者向けソリューションサービスを充実させることで、大野屋ブランドへのロイヤルティ向上を目指していきます。

なお、「コンタクトセンター」の組織概略は次のとおりです。

 

メモリアルアートの大野屋コンタクトセンターのモットーは、お客様のご要望に責任を持ってお応えする事です。

365日、誰もが、好きな時間、好きな方法で気軽に相談できる環境を提供すると同時に、お客様とのあらゆる接点を大切にし、スピーディーに正しい情報をお伝えし、満足いただく事が最大の使命と考えます。

本件に関する報道関係の方からのお問合せ先

株式会社メモリアルアートの大野屋 広報室 川上、大矢
〒171-0033 東京都豊島区高田3-13-2 高田馬場TSビル
Tel:03-5979-4403/Fax:03-5955-8801/URL:http://www.ohnoya.co.jp

もしくは

(株)プラップジャパン CS2部 木村、三輪(貞)
Tel:03-3486-6868/Fax:03-3486-7502




  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム