1. ホーム
  2. 会社概要
  3. プレスリリース&ニュースレター
  4. 2011年
  5. 家族葬の進行スタイルをご紹介 (家族葬レター NO.3)

プレスリリース&ニュースレター 2011年

今、注目される「家族葬」。でも、どのように進めればいいの?

家族葬の進行スタイルをご紹介 (家族葬レター NO.3)

2011年02月15日



近年、家族や親族、友人など、故人と本当に親しかった方のみで行う「家族葬」に注目が集まり、メモリアルアートの大野屋が施行する葬儀においても「家族葬」が占める割合が急増しています。アンケート調査(269名)でも「家族葬を好ましく思う」「どちらかというと好ましい」方は94.9%で、実際に「自分の葬儀を家族葬で行いたい」と回答した方は全体の83.9%(60代男女は90.7%)でした。しかしながら、「家族葬の内容を知っている」方は24.9%で、残りの方は「なんとなく知っている」(56.1%)「わからない」(19.0%)という結果に。当社のテレホンセンターにも “普通の葬儀とどこが違うのか” “どのように進めればいいのか” といった相談が多数寄せられています。

[一般的な葬儀と家族葬の進行スタイルの一例(仏式の場合)]

TIME 一般的な葬儀 家族葬
18:00 開 式
18:05

宗教者の入場/読経

18:10 遺族・親族のご焼香
18:25

会葬者のご焼香

宗教者の退場/閉 式
18:30

故人とのお別れセレモニー
~家族からのお手紙や思い出のビデオ観賞
故人の好きだった音楽の演奏等、独自の演出も可能~
18:50 宗教者の退場
19:00 閉 式
お清め(通夜ぶるまい)
~会葬者への挨拶や接待、お見送り等~
家族や親戚とのお食事
~ゆっくりとした語らいの時間~
20:00 受付などお手伝いの方への接待
20:30 家族や親戚とのお食事
21:00 終 了

「家族葬」は10名~20名程度で行うことが多く、仏式でも無宗教葬でも対応でき、 その特徴としては ①故人と本当に親しかった方のみでお別れができる ②喪主や遺族は、会葬者接待などの負担が軽減されるので、故人とのお別れに専念できる ③身内中心なので、形式にとらわれずに自由な形で行いやすい・・・  という点が挙げられます。

news_20110115.jpg

当社では、「家族葬」のニーズにお応えするため、オリジナルプラン「花で送る家族葬」を開発し、通夜・告別式・おもてなしに必要な項目をセットにして3種類の価格帯(58万円・78万円・98万円/10名様)で提供を開始しました。つきましては、経験豊富な当社・家族葬ディレクターへのご取材や、貴紙面での「家族葬」に関するアドバイス協力等、ご検討いただけますようお願い申し上げます。

■株式会社メモリアルアートの大野屋 広報室:箱崎、上原
TEL:03-6890-4111 FAX:03-6863-4122

■共同ピーアール株式会社:池嶋、鎌滝、斉藤
TEL:03-3571-5326 FAX:03-3574-0316




  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム