1. ホーム
  2. 会社概要
  3. プレスリリース&ニュースレター
  4. 2016年
  5. もうすぐ春のお彼岸!意外と知らない“お彼岸”の正しい知識のご紹介

プレスリリース&ニュースレター 2016年

もうすぐ春のお彼岸!意外と知らない“お彼岸”の正しい知識のご紹介

2016年03月10日



仏事関連総合サービスの株式会社メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可、以下大野屋)は、お墓やお葬式、お仏壇のことに加え、仏事のマナーや季節行事のしきたりにいたるまで様々なシーンで皆様のご供養の気持ちをサポートし、ご相談にお応えしています。
まもなくやってくる春のお彼岸を前に、正しい供養の仕方や知識をご紹介いたします。

その1: お彼岸はいつからいつまで?
春彼岸: 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日合計7日間
秋彼岸: 毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間
※それぞれの初日を「彼岸の入り」、終日を「彼岸のあけ」といい、 春分の日・秋分の日を「お中日」といいます。

newpr_20160310a.gif

その2: お彼岸には何をするの?
<彼岸会>
お寺とのお付き合いがある場合には、「彼岸会」という法要に出席します。お寺で先祖の供養をすると同時に「六波羅密(ろくはらみつ)」の教えを会得する大事な行事で日本特有のものとも言われ、仏教の年中行事の中でも最も一般的に盛んに行われています。

<お墓参り>
お墓参りを行い、先祖を供養します。お墓は家族全員でお守りしてゆくべきものです。両親や祖父母がご先祖様を祀る姿は、後の世代に受け継がれていくことでしょう。

その3: お彼岸を迎えるための準備は?
(1)自宅の仏壇、仏具の掃除
(2)お墓の掃除
(3)供花やお供えものの準備

その4: お墓参りへ行く時に事前に行うことは?
お墓参りをするときは、事前にお寺または霊園の管理事務所等に卒塔婆をお願いしておきます。
(宗派によっては不用のところもあります)

~卒塔婆とは~
卒塔婆とはサンスクリット語のストゥーパの音訳で、仏舎利を安置するための建物のこと。切り込みの入った板塔婆は仏塔の一種である五重塔を意味し、空、風、火、水、地を表します。故人の供養を目的として立てるものです。

img_kawashima.jpg

メモリアルアートの大野屋 終活・仏事アドバイザー 川島 敦郎がアドバイス!
メモリアルアートの大野屋では、業界に先駆けて「お墓のメンテナンス課」を設け、クリーニングや修理、リフォーム、免震対策サービスをご提供しています。また、近年依頼が増加している「雑草の生えないお墓」へのリフォームもおすすめです。お彼岸を迎える前に、検討してみてはいかがでしょうか。


~お供え物~
お彼岸には果物・菓子・精進料理をお供えします。「おはぎ」と「ぼたもち」の2通りの言い方がありますが、春と秋の季節の花にちなんで名づけられ、春は牡丹の花にちなんで「牡丹餅」、秋は萩の花にちなんで「おはぎ」と言い、同じものを指しています。お彼岸におはぎを備える習慣は江戸時代からはじまったもので、「小豆」の赤い色が邪気を払うとして信仰され、先祖の供養と結びついたといわれています。
墓参りのお供え物には、果物、菓子、酒などの他、故人が生前好きだったものなど何を備えてもよいのですが、墓参り後はお花以外のお供え物は持ち帰ります。

◎親戚や、生前お世話になった方の家にお参りに行く場合
お仏壇やお墓にお参り出来ない時や、他家に伺う時はお供えの他にお線香を届けましょう。現代では現金を包むことを指す「お香典」ですが、本来はお香(お線香)を届けたことに由来します。

お彼岸の進物用お線香
大野屋ウェブショップ ランキングベスト3
http://www.ohnoya-webshop.com/fs/ohnoya/c/07-10

newpr_20160310b.jpg

newpr_20160310c.jpg

newpr_20160310d.jpg

― メモリアルアートの大野屋の仏事相談(無料)/情報提供について ―

◎仏事の相談窓口「大野屋テレホンセンター」TEL:0120-02-8888(年中無休9:00~20:00)
◎「メモリアルアートの大野屋HP」(www.ohnoya.co.jp)
→「仏事まめ百科」、「仏事Q&A」(よくある質問と回答をご紹介)
◎「メモリアルアートの大野屋 Facebook」(http://www.facebook.com/ohnoya

スタッフ

<終活・仏事アドバイザー 川島 敦郎>
大学卒業後ブライダル会社に勤務。企画やプランナー育成に携わり、業界資格の試験官も務めたエキスパート。ブライダルの世界から2005年にメモリアルアートの大野屋に入社。葬儀ディレクター、生前相談アドバイザー、セミナー講師としても活躍し、現在「大野屋テレホンセンター」で仏事アドバイザーとして年間5000件以上の相談に答える。お客様からの信頼も厚く指名による電話相談も多く頂いている。


<報道関係各位お問い合わせ先> 
■株式会社メモリアルアートの大野屋 
広報室:箱崎、上原 
TEL:03-6890-4111 FAX:03-6863-4122
■共同ピーアール株式会社:
田中、川島、斉藤
TEL:03-3571-5326 FAX:03-3574-0316




  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム