1. ホーム
  2. 会社概要
  3. プレスリリース&ニュースレター
  4. 2019年
  5. 長明寺(ちょうみょうじ) 小金井墓苑(東京都小金井市)に新区画「翠区(みどりく)」を新設

プレスリリース&ニュースレター 2019年

長明寺(ちょうみょうじ) 小金井墓苑(東京都小金井市)に新区画「翠区(みどりく)」を新設

2019年03月12日


~継承者の心配が要らない全区画永代供養墓付きで2019年3月11日(月)より販売開始~


 仏事関連総合サービスの株式会社メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可、以下大野屋)は、この度、長明寺 小金井墓苑に新区画「翠区」(URL:http://www.ohnoya-cemetery.com/search/cemetery-0000000535.html?utm_ source=press&utm_medium=pr&utm_campaign=1906)を拡 充し、2019年3月11日(月)より販売開始いたします。

長明寺 小金井墓園苑に新区画「翠区」

~長明寺 小金井墓苑「翠区」の特徴~
 長明寺小金井墓苑は、都立多磨霊園に隣接するロケーションで、全区画が平坦地に在ることから、お参りがしやすく管理の行き届いた寺院墓地として人気を博しています。この度新設される「翠区」は、全区画永代供養墓付きの区画で、継承者がいなくても安心です(改葬費用・墓石撤去費用は不要)。
 また近年、今はお墓参りをする子や孫がいても、将来の継承の見通しが立たず、個別のお墓を持つことに不安を抱える方が多くみられます。「翠区」では、お墓を使用しながら使用期限や埋葬するご遺骨を延長・追加できる新しい仕組みのため、今後の心配をすることなく個別のお墓を持つことができます。

◆植栽型区画
【主な特徴】
■20年有期限契約か永代使用を選択可能
■有期限の契約終了後は延長継続も可能
■1区画3体まで納骨でき、後から墓所内に納骨棺を追加することも可能(最大6体まで)
■有期限の契約終了後は永代供養墓合祀墓へ改葬され、永代にわたり供養される(改葬費用、墓石撤去費用は不要)
【デザインの特徴】
■芝生で作られた小さな丘の上のような立体的なスペースに墓石が佇むスタイリッシュなデザイン
■「プレーン」、「プレミアム」、「日本の銘石」、「日本と世界の銘石」の4タイプの中から希望の石種を選択可能
■オプションで豊富なデザインの中から選べるブロンズオーナメントを墓石表面にあしらうことも可能

植栽型区画

◆テラス型区画
【主な特徴】
■20年有期限契約
■有期限の契約終了後は永代供養墓合祀墓へ改葬され、永代にわたり供養される(改葬費用、墓石撤去費用は不要)
【デザインの特徴】
■「大きなサイズのお墓は必要ない」という方々のニーズに応える形で誕生したコンパクトタイプの区画
■プレート、花立て、香炉台がセットになっており、プレート型の墓石は「プレーン」、「プレミアム」、「日本の銘石」、「日本と世界の銘石」の4タイプの中から選択可能

テラス型区画

資料請求・お問合せ窓口:
大野屋テレホンセンター 0120-028-888 (9:00~20:00/年中無休)
メールでのご相談:
https://www.ohnoya.co.jp/contact/memoria.php?utm_source=press&utm_medium =pr&utm_campaign=1906

長明寺 小金井墓苑 『翠区』交通アクセス
所在地:東京都小金井市前原町4-3
電車の場合:JR中央線「武蔵小金井駅」 南口から京王バスで『多磨霊園裏門』バス停を下車、徒歩10分
車の場合:中央自動車道「調布IC」より国道20号経由で約15分

小金井墓苑から徒歩7分!大野屋多磨店のご紹介
 大野屋多磨店は都立多磨霊園裏門沿いに昭和14年に開業した、歴史を感じさせる木造の家屋が目印の大野屋発祥の店舗です。小金井墓苑からもゆっくり歩いて約7分ほどと、良好なアクセスで、お花やお掃除道具などのお墓参り道具のレンタルができるほか、法事などの会場にもご活用いただけます。
 供花の交換やお墓のお掃除代行などのほか、お客様からの仏事に関わる様々なご相談に専門スタッフが常時お答えしております。
大野屋多磨店URL
http://www.ohnoya-cemetery.com/office/kanto/tama.shtml?utm_source=press&utm_medium=pr&utm_campaign=1906

大野屋多磨店

★自分にぴったりの墓地・霊園が探せる!検索ページのご紹介★
大野屋ホームページに、希望の墓地の形態や、立地条件、宗教など様々な条件を入力するだけで希望の墓地・霊園を検索することができる検索ページをご用意しております。
http://www.ohnoya-cemetery.com/howto/form.shtml?utm_source=press&utm_medium=pr&utm_campaig n=1906

9月4日は供養(くよう)の日!~供養の大切さを考える、新しい記念日を制定~
供養の日 シンボルマーク 2017年9月4日、新しい記念日として「供養(くよう)の日」が制定されました。
2018年1月には「一般社団法人 供養の日普及推進協会」が発足し、 「供養の大切さ」や時代によって変化する「供養の在り方」を考えるきっかけをつくるための 啓発活動に取り組んでいます。
メモリアルアートの大野屋はこの取り組みに賛同し、供養の日普及と供養文化の発展を 応援しています。
「供養の日」ホームページhttps://kuyo.or.jp/


<報道関係各位お問い合わせ先> 
■株式会社メモリアルアートの大野屋 
広報室:箱崎、上原 
TEL:03-6890-4111 FAX:03-6863-4122
■共同ピーアール株式会社
中込、田中、大沢、齊藤
TEL:03-3571-5326 FAX:03-3574-0316

メモリアルアートの大野屋は、1939年に石材店として創業以来80年にわたり、 お葬式、お墓、手元供養、無料仏事相談など、仏事に関する総合サービスを提供しています。
ホームページ http://www.ohnoya.co.jp/?utm_source=press&utm_medium=pr&utm_campaign=1906
フェイスブック http://www.facebook.com/ohnoya




  • 店舗案内
  • はじめての方へ
  • メールマガジン登録
  • もしも会員
  • 書道家 武田双雲の「書」を刻む 双書
  • モバイルサイトのご案内

外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム