仏事のQ&A
  1. ホーム
  2. 仏事Q&A
  3. 法事・法要の質問
  4. 法事の日取りにタブーはありますか?

法事の日取りにタブーはありますか?

 
命日に法事ができない場合、どれくらい前倒ししていいですか?
大安や仏滅、友引には法事をやってはいけないでしょうか?

2014年02月11日

 
ご命日にご法要ができれば、それに越したことはありませんが、実際は出席者の都合やお寺様の事情で難しいことが多くあります。その場合ご供養ごとは先送りにせず、前倒しにするというしきたりがあります。
どれくらい前倒しにできるかの決まりはありませんが、一般的には1ヶ月程度でお考えになる方が多いようです。
大安や仏滅、友引などは「六曜」といい、古代中国で行われていた吉凶占いの一種で、仏教や仏事とは関係の無いものです。ですから気になさらずに結構です。ただもしご親戚にそういった日取りを気にされる方がいらっしゃるのであれば、避けてお考えになってはいかがでしょうか。

コメント


彼岸期間中に年回忌法要を行っても差し支えありませんか?

2009年01月22日 17:22惣領



惣領様

お彼岸の期間中に年忌法要を営まれることは、お差支えありません。ただお彼岸の期間は、仏様のことで、ご親戚様やお寺様もお忙しい時期でございますので、ご住職様、ご親戚様とご相談のうえ年忌法要の日程をお決めになられては如何でしょうか。

2009年02月01日 18:26大野屋テレホンセンター 高浜



4月4日(土){大安}に法事を行いたいと思うのですが、四と四が重なるのですが、特に問題は無いでしょうか?

2009年02月16日 10:29ヒロ



ヒロ様

4という数字が気になるということですね。

よくお香典や御仏前、寺院への御布施の金額に関しては、4(万円)を避けるということがございますが、法事の日程については特に差し支えはありません。

また大安についても気にされる必要はありません。

ただ、もしご親戚などでそういったことが気になる方がいるのであれば、他の日にされてはいかがでしょうか。

2009年02月17日 17:02大野屋テレホンセンター 小松



海外に住んでいるので、簡単に法事が出来ないので、たいへん参考になります。
昨年末に無くなった父の遺骨が母宅に納骨されてないままで、やっとこさ夏に帰国の際に納骨できそうです。
ところが、カレンダーからすると、7月のお盆に重なってしまいます。お彼岸と重なっても良さそうな回答がありましたが、お盆と重なっても良いのでしょうか?

2010年05月01日 03:21Aki Agilent



お盆に納骨することは宗教上や慣習上は問題ございませんが、お盆はお寺様のご住職は多忙のはずです。納骨供養の法事を受けてくれるか確認してください。断られる可能性も多いと思います。

また、お墓が霊園にある場合も、お盆の時期はお参りの人が多いため、法事を受け付けないところも多くあります。これも事前に確認する必要があります。

お盆の日を前後に避けて日程を検討しておくことも必要かと存じます。

2010年05月02日 17:21大野屋テレホンセンター 小嶋



納骨式を仏滅の日に行ってもよいのでしょうか。

2010年11月09日 22:52たけし



たけし様

大安、仏滅等は六曜星(六輝)と言い、古代中国から伝わった主に勝負事に関する吉凶占いです。
仏教とは関わりなく考えて宜しいです。

したがいまして納骨の日が仏滅であっても本来は問題ございませんがお寺様のご都合もある事ですから納骨の日取りに関しましてはお寺様ともご相談されることをお勧めいたします。

2010年11月11日 14:56大野屋テレホンセンター 鈴木



来月三日、実母の七回忌を迎えます。
当日が平日のため法要の日取りを父と考えてきたのですが、手前一ヶ月間の土日が全て、子ども(故人からすると孫)の学校行事や私の重要な予定で埋まっていて悩んでいます。
供養事は先送りしてはいけないという事はわかっているのですが、前倒しでするとなると平日に仕事や学校を休んでという事になり、家族はもとより親類も集まれなくなります。
計画性がないと言われればその通りなのでしょうが、この際しきたりには目をつぶって、みんなの集まれる二日後に行おうと考えています。
この点について、なにかアドバイスをいただけないでしょうか?

2011年05月04日 11:16梅サン



梅サン様

本来、供養事は大切なことなので前倒しで執り行うこととされております。しかしそうは言ってもご家族やご親族のご事情によって前倒しに執り行えないこともございます。お寺様と良く相談されて、お寺様が『二日後の6月5日に七回法要を行いましょう』と言ってくださるのであれば特に問題はございません。まずはお寺様にご相談されてみてください。

2011年05月15日 17:49大野屋テレホンセンター 小林



母の一周忌の日取りを決めかねています。
今年1月に亡くなったのですが家族の都合でどうしても1月にはできず、1ヶ月前倒しの12月も難しいようです。結局年内の11月末にという日取りになりそうですが亡くなった年の同年内、2ヶ月前倒しという一周忌の法要でも差し支えないものでしょうか?

2011年09月29日 13:02yama



yama様
 
 この度のように年末年始にお亡くなりになった場合のご法要に関しましては、施主様のご家庭の状況だけでなく、参列頂くご親族やお寺様のご都合も考えられた上で、11月の末に繰り上げて行われる事は珍しい事ではございません。
(寒い時期ですので地域によりましては敢えて春まで延ばされる事もあります)
 ご家族がお亡くなりになったお母様の成仏を願って追善供養をされるのですから早すぎるという事は無いと存じます。ましてやご法要は今回限りのものではないのですからご心配されなくても宜しいのではないでしょうか。

 何れに致しましても、念のためお寺様にもご相談されておかれるとご安心かと存じます。

2011年09月30日 15:13大野屋テレホンセンター 安井



2人の法事が重なった場合、どちらに合わすべきでしょうか。
命日より遅れては絶対だめなのでしょうか。
その意味は何なのですか。

2011年10月17日 05:12うさぎ



うさぎ様

2人の法事を一緒に行う場合、どちらの命日に合わせるかは状況によって異なります。

一般的には、最近亡くなった方の命日を優先して合わせることが多いですが、亡くなってからの期間がさほど変わらない場合には、先に命日が来る方に合わせることもあります。

法事をお願いする寺院に相談されることをお勧めします。

また法事を行うときには、命日より後にはしないことが一般的です。
「生きている私たちの都合を優先するのではなく、亡くなった方のご供養のことをまず第一に考えましょう」という、古くからの教えなのではないでしょうか?

2011年10月17日 16:45大野屋テレホンセンター 川瀬



HPを見させていただいて、いろいろ勉強になりました。

納骨についての質問なのですが、家庭の事情で家にはお骨は置けなくて、
お寺のほうに預けようにも費用のほうが準備できかねます。
気持ちと金銭面がどうしても合わず・・・
49日の法要を、戸々でお寺などの場所でやっても
亡くなられて間もない納骨というのは、
やはり非常識なのでしょうか?

2012年02月12日 21:56HON



HON様

納骨の時期について迷われていらっしゃるんですね。
納骨時期については特に決まりはございません。
既にお墓がある場合は四十九日法要にあわせて納骨する方が
多いようですが、地域によっては、葬儀当日、火葬後に初七日、
四十九日をあわせて行ない、その日のうちにお墓に納骨を済ませてしまう
地域もございますので、HON様のご家庭の状況やご事情にあわせて
納骨されてお差支えないかと存じます。

2012年02月15日 15:09メモリアルアートの大野屋 高浜


 
 今年8月、実父の7回忌があります。実家は兄が継いでいます。
母によると、今年の5月ころに7回忌を予定しているようですが、
こんなに前倒しにしてもよいのでしょうか?
ちなみに、父の命日は8月2日です。

2012年02月20日 09:42黄色いイルカ



黄色いイルカ様

 ご法要の日取りに関しましては、本来はご命日の当日が一番宜しいのですが、ご参列されるご親族様方やお寺様のご都合もあり命日の前後の休日に設定されることが少なくありません。
又お彼岸やお盆の月にはお寺での法要とも重なりますので状況によっては相当早くなる事も無い訳ではありません。
 何れに致しましても、ご住職様が了解しておられるのでしたらご心配はないと存じます。

2012年03月03日 15:34大野屋テレホンセンター 安井



教えて頂きたいことがあります。
今年の2月11日が義父(享年62歳)の2回目の命日でした。 8月には私の息子(享年1歳)の一周忌を予定しています。  
義父はキリスト教徒でした。義母の意思で義父の一周忌はやりませんでした。今年も3回忌は執り行いませんでした。でも昨日いきなり「孫の一周忌のときに父さんの3回忌も一緒にやるから」と言われました。
義父はキリスト教徒で、息子は浄土宗であります。
息子の一周忌と一緒に執り行うのにもなんだか賛成できません。私的には義母の考え方が非常識と思えて納得がいきません。
この場合の一般的な見解を教えて頂きたいです。 
キリスト教徒の方の法要も住職が執り行うこともあるんですか? 
本来の3回忌を執り行う2月から半年を過ぎてからやる人もいるんですか?

2012年03月31日 15:24佐藤



佐藤様

キリスト教徒の方であれば、やはり牧師様や神父様に来ていただくのが正式
であるかと思います。
プロテスタントとカトリックの違いもございますが、4~5年くらいまでは
毎年記念式を行うことが多いようです。命日に決まった式典を特に行わない
こともございます。

仏教の方同士でも、3回忌くらいまではそれぞれ一人ずつご法要を行って、
合同にはしないことは多いですので、今回の場合も息子様だけのご法要にさ
れるのが一般的かと思います。
ただケースバイケースなので、それぞれの状況に合わせて命日を過ぎてから
法要をしたり合同にすることもございますし、事情によっては、他宗(キリ
スト教、神道など)の方の法要を仏教ですることもございます。

今回、お義母様が「一緒に法要を・・・」とおっしゃってきたのは、かわいい
お孫さんの法要の折に、気掛かりだったご主人様の供養をしてさしあげたい
という気持ちが芽生えたからではないでしょうか。
必ずしもお義母様が間違っているというのではなく、そのお気持ちを汲んだ
上でお寺様にお願いしてみるという方法も選択肢の一つかと存じます。
いずれにしても、法要を行うお寺様の了承がなければいけませんので、
お寺様とご相談して、双方納得の行く形を見つけられてはいかがでしょうか。

2012年04月09日 12:19大野屋テレホンセンター 沖



来週、大阪への出張があり、その際にお世話になった元上司(故人)のご自宅に伺い、ご焼香をしたいと思っております。しかし、当日が友引となっているため、日を改めた方が良いのではないかと悩んでおります。ご助言をお願いいたします。

2012年04月10日 23:09タカ



タカ様

友引のご焼香で悩んでいらっしゃるのですね。

大安、仏滅、友引といったものは古代中国からきた日々の吉凶占いの一種で、
仏教や仏事とは本来関係ないものです。ですので、気にされる必要はございません。

事前に先方様のご都合も確認されてから伺われるのがよろしいかと存じます。

2012年04月23日 09:28大野屋テレホンセンター 横田



納骨式を墓地を買ったお寺の住職と違う住職でやってもらってもいいでしょうか?

2012年08月27日 19:57bfaau707



 お寺様とのご縁があって、寺院墓地を手に入れたのですね、恐らくその時点で
お寺の檀家さんになっていらっしゃるのではないでしょうか。
もし檀家さんになっていらっしゃるのでしたら墓地を手に入れた後の祭祀は全て
菩提寺様にお願いする事になっている場合が多いので別のお寺様に納骨式をお願
いする事は、考えられません。
菩提寺様にお願いして下さい。

 檀家さんになっていらっしゃらない場合は別のお寺様にお願いする事も有るかと思います。

2012年09月04日 13:33メモリアルア-トの大野屋 鈴木



初七日の、仏滅はダメなのか?
四九日の、友引は、ダメ、なんでしょうか?
教えてください。

2012年10月05日 19:18ゆー



ゆー様

大安、仏滅、友引とは、中国古来の暦占い六曜から
くるもので仏教とは何ら関係はありません。

友引に葬儀を行うと、友が冥土に引き寄せられると
の迷信があり、友引は火葬場がお休みのところが多
く、友引には葬儀を避けるようです。
しかし、初七日や四十九日等の法要は特にお日柄を
気にされる必要はありませんので、仏滅や友引にあ
たっても問題ありません。

2012年10月20日 10:50メモリアルアートの大野屋 小林



一部上場の企業です。創業者の七回忌にあたり故人を「偲ぶ会」を執り行いたいと計画中です。会社行事との兼ね合いで正確な命日から約2ヵ月後に実施予定です。供養事は、先送りせず前倒しが基本のようですが、この場合「偲ぶ会」が供養事にあたり問題あるでしょうか?

2012年11月08日 16:36ms39



ms39様

回忌法要を宗教儀礼に則って創業者様のご遺族が営まれるのであればこれは仏事ごとにあたりますが、公で会社の行事として「偲ぶ会」を執り行うのであれば、命日より後に「偲ぶ会」を執り行われる事は問題ないかと存じます。

2012年11月19日 08:27大野屋テレホンセンター 横田



伯父の七回忌の法事に呼ばれているのですが、私の勤める会社の月に一度の本社会議がある日でして、法事を優先してもいいか悩んでます。また、御仏前として?いくらぐらい?包めばいいんでしょうか?

2012年11月25日 10:13花子



花子 様

 会議と叔父様の法要と、どちらにすべきか簡単には決めかねる問題ですね。

 会議への出席に関しましては、花子様が今回の会議に出席しない事で、業務に多大な支障をきたす様な内容とお立場でしたら、お仕事を優先しなければなりませんね。
その場合、施主様には御法要に参列出来ないお詫びとともに、[御仏前]をお送りするか、参列されるご親族にお預けになると宜しいでしょう。

 一方、会議には代理の方に出席して頂くとか、状況次第で欠席しても大丈夫という事であれば、法要に参列が可能になりますので、至急上司の方にご相談されてはいかがでしょうか?

 いずれに致しましても、従来からのご親族間の慣習や伯父様とのご関係の深さにもよりますので、ご両親様やご兄弟、他の従兄弟様達の様子等も含めてご勘案されると宜しいでしょう。

 [ご仏前]は地域の習慣や法要後の会食の有無等もあり一概には申し上げられないのですが(法要後に会食があり引き物も用意されている平均的な法要の場合)には
伯父・姪のご関係でしたら1万円程度が一般的ではないでしょうか。

2012年11月27日 09:26大野屋テレホンセンター 安井



近所の方がなくなりました。

焼香に行きたいのですが12月8日に亡くなってからあすで1週間です。

今日は大安ですがご焼香に行ってはいけないでしょうか??

2012年12月13日 12:40kei



kei様

 大安・仏滅等は中国から伝わった占いといわれており、仏教とは何ら関係はございません、その為大安の日にご焼香に伺っても問題はございません。

 お亡くなりになられて未だ日が浅いので他のご焼香のお客様もいらっしゃる可能性がございます、先方に都合をお伺いしてからお出かけください。

2012年12月20日 11:07メモリアルア-トの大野屋 鈴木



2013年2月2日(先負)or2月3日(仏滅&節分)に法事を行っても
大丈夫でしょうか?
教えてください。

2012年12月21日 20:29シロ



シロ様

先負、仏滅は中国の吉凶占いである「六曜」ですので、本来仏教とは関係ございません。節分の場合は、お寺様で法要を執り行われる場合がございますね。

いずれにしましても2月2日、2月3日に法要をしてはいけないということはございませんので、お寺様とご相談なさってはいかがでしょうか。

2012年12月25日 15:04大野屋テレホンセンター 横田



納骨の法要を参列して頂ける方の日程を組んで決めたところ友引でした。お寺の方では避けた方が良いといったことはありませんでしたが常識的には友引を避けた方が良いのでしょうか?

2013年01月12日 08:20ミルク



ミルク様

 ご納骨法要の日程の件ですが、大安や友引等は「六曜」といい中国から来た占いと言われております。
本来は仏教とは関係の無い事ですから法要の日程を決める際にはなにも問題はございません。

2013年01月17日 10:45メモリアルア-トの大野屋 鈴木



6月1日に主人の両親の一周忌法要を予定しています。
当日は友引で、漁師の人は六曜を気にすると聞きましたが、どのようにしたら
よいのでしょうか?
また、主人の父は6月12日が命日、母は12月22日が命日ですが、
一緒でも大丈夫でしょうか?

2013年02月08日 22:57かぁさん



かぁさん様

六曜は中国の吉凶占いがルーツになっており、基本的には仏事とは関係があ
りません。友引であってもご法要をなさってよろしいです。
ただ、ご親戚でそういったことを気にされる方がいる場合は、可能な範囲で
日程を改められた方が無難かもしれませんね。

ご命日の近い方は一緒にご法要をすることも多いので問題はないかと思いま
すが、かぁさん様の場合は少し期間が空いているので念のためお寺様に相談
をしておかれるとご安心です。

2013年02月09日 18:30大野屋テレホンセンター 沖



昨年3月に父がなくなりました、一回忌にあわせてお墓を建て納骨をする予定でいましたが、石材屋から間に合わないの連絡があり、納骨の時期をお盆にすすめられました、お盆まで待たずに少しでも早くした方がいいでしょうか?

2013年02月12日 12:42KANA



KANA 様

 ご納骨の日取りに関しましては何時までにしなくてはいけないという決まりはございませんので、個々のご事情に合わせて頂いて宜しいと存じます。

 お墓は余程のことがない限り建て替える事が御座いませんので、デザイン、材質、文字等々何れも充分なお時間を掛け検討されたほうがご安心かと存じます。

2013年02月13日 14:43大野屋テレホンセンター 安井



弟の納骨と母の7回忌を一緒にやるということは無理でしょうか?
母は3月に亡くなっておりますが、弟の具合が悪く伸ばしていましたので、何回も親族が集まるのは無理ですので。

2013年04月25日 12:55よりちゃん



よりちゃん様

弟様のご逝去、心よりお悔やみを申し上げます。

2つの法要を一緒にされることを「併修」(へいしゅう)あるいは「合斎」(がっさい)と言います。
弟様の納骨法要と、お母様の7回忌法要を一緒にされることは問題ないかと存じますが、まずは、お寺様に事情をお話になり、一緒に法要をされたい旨をご相談なさってみてはいかがでしょうか?

2013年04月27日 09:47大野屋テレホンセンター 横田



母が2011年9月3日に亡くなり父が2012年4月6日の亡くなりました。
3回忌までは単独で法事を行うつもりですが7回忌からは一緒に行う予定にしています。
通常新仏様を優先に考えて日程を決めると聞きますが、その場合母の7回忌後になってしまい、母の7回忌に合わせると父の7回忌よりも7カ月も前になるので早すぎる気もします。
あまりにも父と母の亡くなった時期が近すぎて,決めかねています。
何か良い助言を頂けませんか?

2013年08月31日 17:45ヒラギシのヤス



ヒラギシのヤス 様

 お二人の法要をご一緒にされることに関しましては、〔併修〕と言われけして珍しいことではありませんが、お正月を挟んで7ヶ月も離れておられるという事ですので、やはりお寺様にご相談されたほうがご安心かと存じます。、
一般的にはお二方の命日の中間頃にされる方が多いようですので、節分も過ぎ春のお彼岸前などでしたら気候的にも宜しいのではないでしょうか。

2013年10月01日 12:46大野屋テレホンセンター 安井



親の1周忌を企画していますが、暦の中で赤口は問題ないでしょうか?1周忌などの初めてのイベントでは何がよろしいのですか?

2013年12月12日 10:51ひろ



ひろ様

「赤口」は「六曜」という元は中国の吉凶占いの一種であり、仏教とは本来関係ございません。ですから、どの日を選ばれて差し支えないかと存じます。
しかし、法要はお寺様やお招きされるご親族の方のご都合もあるかと存じますので、まずはその方々のご都合に合うか日程を調整なさったほうがよろしいでしょう。

2013年12月16日 08:52大野屋テレホンセンター 横田



今まで、いろいろ問題があり、私の兄の法要ができないでいました。
7回忌くらいからしてあげていません。

来年1月が兄の37回忌にあたり、今度こそしないといけないと思っています。
私の娘がこの秋に入籍を考えていますが、回忌の日取りにタブーはありますか。

兄の法要は前倒しで10/16、娘の入籍は10/29の予定なんですが・・・
どうか、お教え下さい。

2014年09月10日 22:02モモちゃん



モモちゃん様

一般的に仏事は前倒しと言われますが、
これは、大事な仏様の供養は先延ばしにせず、何より優先してやりましょう
という昔の人に教えだったのだと思います。

今回、お祝事よりも前にご法要の予定をされていますので、
法要とご入籍の日程が近くなっても、全く問題ありません。

お兄様のご供養をしてあげたい、というモモちゃん様のお気持ちは
大変尊いことだと思います。
法要もご入籍も、滞りなく終えられますようお祈り申し上げます。

2014年09月10日 22:04大野屋テレホンセンター 沖



一周忌が近いですが実家が遠く今の時期墓も雪でおおわれています。雪が解ける時期でもよいでしょうか。ちなみに2月7日が命日ですが4月に帰省予定

2014年09月10日 22:29おさる



おさる 様

 ご法要の形式に関しましては、地域の習慣やお寺様のお考えもありますので一様ではございませんが、一般的には一周忌・三回忌は(亡くなられてから間がないと言うこともあって)特に重要な法要とされております。
 法要後の墓参は別に致しましても、ご宝前での法要だけはされたほうが良いのではないかとも存じますが、雪で参列頂く方々も難儀をされるとと言うことであれば、お寺様やご親族とご相談の上で春まで延期するのも致し方ないことでしょうね。

2014年09月10日 22:31大野屋テレホンセンター 安井



先月5月25日 父が亡くなりました。来月の6月12日に49日をする予定でいましたが 母の姉が 3月を跨ぐと 身を切るので 良くないといいます。亡くなった月によっては跨ぐ事もあると思いますが 身切るなんて縁起の悪い事を言われると 気になってしまいます。相談 宜しくお願いいたします。

2014年09月13日 17:08hanako



hanako様

お父様の四十九日の法要が3ヶ月に跨ってしまう為に
ご親族から『3ヶ月を跨ぐと身を切るので良くない』
と言われてお悩みなのですね。

中陰の四十九日の期間が三ヵ月にわたると「しじゅう
く」が「みつき」から「始終苦が身に付く」などとい
う語呂あわせで、満中陰を三十五日で切り上げて行う
方もいらっしゃいますが、お亡くなりになられた日に
よっては、四十九日法要が3ヶ月を跨ぐケースも多々
ございます。

地域やご親族間の慣習、あるいはご宗派によって違い
はございますが、四十九日法要の日程が3ヶ月を跨ぐ
ことがあっても仏教的には特に問題はございません。

もしご心配でしたらお寺様に相談されて法要の日取り
を決められてはいかがでしょうか。

2014年09月13日 17:09メモリアルアートの大野屋 小林


メモリアルアートの大野屋WebShop 本店

メモリアルアートの大野屋 Facebookページ

法事・法要の質問一覧

法要の会場について
2016年01月12日
法要に出席するべき?
2015年08月05日
法要後の会食について
2014年09月13日
お別れ会のスピーチ
2014年09月11日
法要の引き物について
2014年08月30日
卒塔婆ってなに?
2014年07月18日
法要の案内状について
2014年04月24日
献杯の挨拶
2013年12月24日
一周忌法要のお返し
2013年11月30日
一周忌法要について
2013年11月12日
七回忌の参列者は?
2013年07月26日
故人を偲ぶ会の挨拶
2013年02月11日
ご仏前への返礼
2013年01月30日
水子のご供養について
2006年12月20日
婚約者の祖父の七回忌
2006年12月20日
お布施について
2006年12月20日

コメント入力フォーム(お気軽にご相談下さい。)

メルマガ登録

メモリアルアートの大野屋WebShop 本店

メモリアルパーク川口山王

酒々井霊園

町田いずみ浄苑フォレストパーク

明治の森霊園

雲龍院「龍華堂」

京都桃山霊苑

各種カタログ・詳細資料を無料でお送りします。

[PR]外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム
  • 親戚まっぷシリーズ つくれる家系図