手元供養

手元供養商品

手元供養とは?

故人のご遺灰や形見等を身近に置いて供養。―いつも近くで見守っていて欲しい。大切な人を想うその心をこめて―

大切な家族や最愛のひとが帰らぬ人になってしまったとき、気持ちの整理がつかずに「故人をいつも身近に感じたい」「いつも近くで見守っていて欲しい」 という声が多く聞かれます。そのような方々の想いを叶えてくれるのが手元供養というご供養のかたちです。
小さな容器やペンダントに故人の遺灰や髪の毛などを収め、ご自宅に置いたり身に着けることで、いつでも大切な方との絆を感じることができます。

最近は、親と同居せずに家庭を持つ人たちが増えたことで、先祖のお墓が遠く、お墓参りに行く機会のない方や、住まいの欧風化から、お仏壇を家に置かない家庭も増えてきました。 「お墓や仏壇はあるけどもっと身近で供養したい」「思い出の場所に一緒に行きたい」「嫁ぎ先にいても近くに感じていたい」等、従来のかしこまったしきたりや宗教儀礼にこだわらない、さまざまな供養への希望を持たれる方々に広く親しまれています。

手元供養の商品をお探しの方はこちら

手元供養品の種類

ご遺骨のかけらや遺灰を直接収めるもの、お骨そのものを加工しダイヤモンドや樹脂にするものなど、実にさまざまなものがありますが、現在特に親しまれている手元供養品は、小さな容器やペンダントに入れるものです。

■■Soul Jewelryとは■■

遺骨ペンダントの紹介はこちら
遺骨ペンダントの紹介はこちら

リングの紹介はこちら
リングの紹介はこちら

ブレスレットの紹介はこちら
ブレスレットの紹介はこちら

ブローチの紹介はこちら
ブローチの紹介はこちら

ミニ骨壺の紹介はこちら
ミニ骨壺の紹介はこちら

ステージの紹介はこちら
ステージの紹介はこちら

グッドデザイン賞受賞商品のご紹介

手元供養資料請求

よくあるご質問

Q:手元供養を行う上で、何か手続きはいりますか?

手元供養としてお手元に分骨を置く際には手続きは必要ありません。
ただし手元供養をしているお骨をお墓に納める際には、そのお骨は誰なのかを証明する「分骨証明書」が必要となります。この書類がないとお骨をお墓に納めることはできません。将来、納骨する可能性があるのであれば証明書をもらっておいた方が良いでしょう。
分骨証明書は、火葬場にて分骨をする際には火葬場にて、お墓で分骨をする際には墓地の管理者(管理事務所やご住職)より発行してもらってください。

その他の質問はこちら

※下記、手元供養の取り扱い店舗のボタンは「メモリアルアートの大野屋WebShop」にリンクしています。

手元供養取り扱い店舗

Webshopはこちら
様々な手元供養品を取り揃えています

分骨の仕方

お骨を埋葬したり、散骨する場合は分骨証明書というものが必要になりますが、手元に置いておく分には必要ありません。
お骨は火葬場でお骨上げをする際、その場で納める他に、別の容器等を用意して保管しておき、後で手元供養品に納める方法もあります。 既にお墓に納骨してしまった後 でも、担当の石材店さんに事情を説明し、お骨をお墓から出して貰うことも可能です。
分骨をすると「故人は成仏できないのでは?」と疑問を持たれている方も少なくないですが、関西では古くから分骨文化が定着しており、火葬場でも日常的に分骨が行われています。「故人をそばに感じ供養をしたい」そんなお心でお骨を身近に置かれる気持ちが大切なのではないでしょうか。

遺灰の納め方の動画はこちら

ソウルジュエリーアフターサービスについて

ソウルジュエリー 公式ブランドサイト

各種カタログ・詳細資料を無料でお送りします。

  • facebook
  • facebook関西
  • facebook採用
  • twitter

メニュー

PCサイト

各サイト メニュー