仏事のQ&A

あまり親しくない親戚にも家族葬のお声がけをすべき?



メールマガジンは役立つ事が多く参考にさせていただいております。
入院中の父が高齢のため、今のうちから考えておいた方が慌てずによい葬儀が出来るのではと考えご相談いたします。

母は5年前に他界しており、何もわからないまま葬儀社さんの言うとおりに葬儀をし、出費が高額で大変だったこともあり、色々考えるようになりました。母の親戚とはあまり親しくなく、一周忌の法要に声をかけたのですが来ていただけない方もいました。

そういうこともあり、父のときには家族と父の兄弟だけで心のこもった家族葬を…と考えておりますが、母方の親戚に失礼にあたらないかと心配です。やはり来ていただいたほうがよいのでしょうか?

ご近所の方たちも母が亡くなってからはあまりお付き合いがなくなったと父が言っていましたので葬儀後に連絡をしたいと考えています。アドバイスよろしくお願いいたします。

親疎の違いはありますが、家族葬をなさる場合にもご生前にお付き合いのあった親族や友人知人、またどうして欠けない義理のある方々へは、きちんとご挨拶をなさったほうがよろしいでしょう。
お葬式を終えた後に、ご遺族の立場からお父様のご逝去の報告と、生前のご厚情に対する心からのお礼を申し上げ、その中で、「故人の遺志で」家族だけでお見送りをさせていただいた旨をお知らせしてはいかがでしょうか。

尚、ご近所へは、家族葬を行う場合であっても、葬儀社など車の出入り等で何かとご迷惑をおかけすることになりますので、事前にご挨拶はしておかれた方がよろしいかと存じます。

家族葬についてはこちら

bnr_shinmotu.jpg