仏事のQ&A
  1. ホーム
  2. 仏事Q&A
  3. 喪中(年賀欠礼)の質問
  4. 祖母が亡くなった。1年は結婚式を控えたほうが良い?

祖母が亡くなった。1年は結婚式を控えたほうが良い?

8月の頭に父方の祖母がなくなりました。

そのとき10月に結婚式を挙げる予定でしたが、あまりにも早いということで2月に(祖母の場合は喪中150日とあったので)延期することに私の親と彼のご両親と決めましたが、親戚の叔母が一周忌までは式を挙げたらダメだと言うんです。 どうしたらよろしいですか??
やはり一周忌を迎えるまで延期するのがいいんでしょうか??
また、2月に式を挙げたら叔母は出席できないのでしょうか??

2014年04月24日

ご結婚式を10月から来年の2月に延ばされたこと勇気がいったことでしょう。

叔母様から見れば実の親に当たるので1年間は喪中と言われる意味は分かりますが、ご結婚されるのは亡くなられた方から見ればお孫さんになります。この場合はご結婚される当人から見るのが一般的です。

その意味からすればおばあ様が亡くなられて150日の服喪期間を過ぎていますから、2月にご結婚されても宜しいかと存じます。

叔母様のお気持ちも分かりますが、おばあ様もかわいいお孫さんが結婚するのを楽しみにしているのではないでしょうか。

叔母様にも良く話されてぜひご出席も頂くようお願いされては如何でしょうか。

喪中はがきを受け取ったら

喪中はがきを出すべき?

コメント


息子の婚約者に妊娠が判明したのですが、今月2日主人の母が94歳で亡くなりました。この場合結婚式は、控えなければならないのでしょうか?

2008年10月27日 08:08N.K



N.K様

義母様のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。
息子様のご婚約者に妊娠が判明したとのこと、おめでたいことではございますが、息子様は150日、ご主人様は1年間喪中になりますので、お祝い事は見合わせることが基本です。

しかし、赤ちゃんが誕生される事は亡くなられた義母様も、たいへんお喜びになられることと思いますので、ご結婚式は後にされて、先に入籍だけされてもよろしいかと思います。
婚約者様のお家のお考えもあるでしょうから、まずはご両家でご相談されてはいかがでしょうか。

2008年10月27日 15:22大野屋テレホンセンター 小松



父が今年9月に亡くなりました。
そこで質問なのですが、喪中にあたる1年間は
プロポーズ、結納、入籍をすることも結婚式と同様に避けたほうがいいのでしょうか。

2008年11月16日 13:30M.O



M.O様

お父様がお亡くなりになったとのことお悔やみ申し上げます。
ご両親が亡くなった場合は1年間は身を慎み、お祝い事やおめでたい席は控えるのが古くからの慣わしです。

結納はお祝いの席ですので、できれば喪があける来年の9月まで1年間は避けたほうがよろしいかと思います。ですから入籍はさらにその後ということになります。
もし急いでいらっしゃるのであれば、入籍を先に済ませ、結納や結婚式などお祝いの席は喪が明けてからにされてはいかがでしょうか?
プロポーズはお祝い事ではないので全く差し支えありません。

いずれにしても相手先のお家のお考えもあると思いますので、ご両家でよくご相談ください。プロポーズが良い結果となりますことを心よりお祈り申し上げます。

2008年11月17日 15:16大野屋テレホンセンター 川瀬



今年12月に入籍する予定でしたが、今月婚約者の伯父が亡くなりました。
この場合は入籍を延期したほうが良いのでしょうか。

2008年11月19日 12:49M.Y



M.Y様

ご結婚が間近とのこと、おめでとうございます。
伯父様が亡くなりご婚約者様やご両親様の喪中の期間は90日間が目安となりますので、12月はまだ喪中ということになります。

ただ、入籍はおめでたいことではありますがお祝いの席ではありませんので、パーティーなどがなく書類を出すのみであれば予定通りにされてもよろしいのではないかと思います。
しかし両家それぞれのお考えもあるかと思いますので、双方のご両親のご意見もよくご確認ください。

もし結婚式や披露宴をされる場合は、できれば少なくとも49日が明けてからになさったほうがよろしいかと思います。

2008年11月19日 17:17大野屋テレホンセンター 川瀬



曾祖父は養子で、その母屋の長男が昨年11月に亡くなりました。
3月に結婚式を予定していますが、喪中ということで延期しなくては
いけないのでしょうか?私は長女ですが祖母が延期を希望しています。

2009年01月02日 15:54ここりこ



ここりこ様

身内に不幸があったとき、その死を悼み一定期間喪に服し、
その期間中には慶事を行うことや慶事への参加は見合わせる事が多いようです。

ただ、不幸の前から日程が決まっていてどうしても変更出来ない場合やその時期に行うことが故人様の供養になるような場合には、例外的に行うこともあるようでございます。

相手様のご両親や祖母様、ご親族のお考えもありますので、まずは、ご両家でよくお話し合いをされたほうがよろしいかと存じます。
また、とりあえず予定通り入籍され、ご披露宴は後日改めて…という選択肢もあるかと存じます。

2009年01月03日 13:28大野屋テレホンセンター 高浜



結婚式をする2ヶ月まえに婚約者の祖父が余命2ヶ月と言われたそうなんです...。
もし結婚式前に亡くなられた場合、結婚式は中止するべきなのでしょうか?
結婚式をキャンセルとなるとキャンセル料金がかなりかかってしまうのですごく困っています。

2009年08月05日 22:14あかさ



あかさ様

大変悩む問題ですが、ご婚約者のご両親からすればお父様ですから、さぞつらいお気持ちだと思います。そんな中で結婚式の用意をこのまま進めても良いのか、ご婚約者様を通じて相談されておいたほうがよろしいかと思います。

万が一の場合にも、相談の結果、先方のご両親から
「お祖父さんもご結婚を喜んでいるので進めて」
といわれたらお言葉にしたがって結婚式を進めてよいと思います。

婚約者やご両親が、結婚式を渋るようでしたら、延期を決断して早く関係者に連絡したり手配をされたほうがよいでしょう。

キャンセル料も気になりますが、今後永いお付き合いとなる親戚との関係を考えると、先方の両親の意見を良くくんで進めた方が良いでしょう。もしキャンセルすることになれば、式場にも事情を良く説明して、キャンセル料を少しでも安くなるようご相談されてみてはいかがでしょうか?

2009年08月12日 19:50大野屋テレホンセンター 小嶋



昨年10月から結婚準備をすすめており、今年12/12に挙式・披露宴の予定です。
ですが、今年8/7に彼の母方の祖母(老人ホームに入っていました)が老衰で亡くなりました。
その後、結婚式を延期するという話は彼の家族からは出ておらず、顔合わせ(結納がわり)の日程を10月初めにしてほしいということで提案をうけました。
家族の諸事情があって何年間も先送りにしてきた結婚なので、彼の家族がいやな気持ちでないのであれば、予定どおりに結婚式を行えればいいと思っています。
仏事マナー(?)として、問題がないかどうか教えていただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

2009年08月20日 12:13AK



AK様

ご婚約おめでとうございます。

近親者が亡くなられた場合、一定の期間喪に服し死亡を悼む気持ちから、御祝事は避けることが多くあります。
 
婚約者の母方の祖母様が亡くなられての喪中の期間は
婚約者: 90日
婚約者のお母様: 1年間
が目安です。
ただしこれは決まりではありません。昭和22年に廃止された太政官布告(明治7年)を現在も目安として使っているものです。

決まりがないだけに大変悩んでしまう問題でございますね。何年間も先送りにされているご結婚とのことでございますが、今後永いお付き合いになりますので両家のご意見をよく確認された方がよろしいでしょう。特に婚約者のご両親様、AK様のご両親様のご意見は重要です。

お亡くなりになったおばあ様もお孫さんのご結婚を待ち望んでいらしたことと思います。皆様のご意見がまとまり、晴れやかなお気持ちでお式に臨むことができるようお祈りいたします。

2009年09月04日 17:22大野屋テレホンセンター 小松



今年の12月に遠方の沖縄で挙式をする予定でしたが、
先日祖母にガンが発覚し、余命1ヶ月と宣告されました。

突然の宣告で、家族共に沖縄での挙式をどうするか迷っています。
今後の事を考えて沖縄はやめて、地元で披露パーティ程度でするか・・・
旅行はやはり控えた方がいいですよね?

2009年09月08日 11:26Y.O



Y.O様

 12月に挙式予定であるのにお祖母様の事もご心配ですね。
 このような場合明確な決まりがあるわけではございませんが、身内がお亡くなりになった場合は一定の期間はお祝い事は控える場合が多いようです。
  服喪の期間の目安としては父方の祖父母で150日、母方の祖父母で90日と言われております。

  早めに挙式を延期して今後予定の時期に入籍だけを済ませると云うお考えもあるかと思います。お披露目は落ち着いた頃に時期をずらす事も考えられます。

  いずれにしてもご両親様やお相手のご両親様も含めてよくご相談をされることをお勧め致します。

 旅行についてもこのような時期には計画を立てる事は難しいと思います。落ち着いてからにしては如何でしょうか。

2009年09月17日 15:53大野屋テレホンセンター 鈴木



先日(1月末)、母が亡くなりました。
亡くなる前から結婚は今年と決めていたのですが、
1年間は見送った方が宜しいのでしょうか?
婚約はしています。

2010年02月03日 13:22kei



kei様

 お母様ご逝去との事、お悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます

 近親者が亡くなられた場合には悲しみを表し霊を弔うと言う意味で、一定の期間お祝い事や外出を控えると言う習慣があります。
 特にご両親様が亡くなられた際には13ヶ月の服喪期間があるわけですので、結婚式を予定されていた場合には迷われるのも最もな事と存じます。

 そもそも服喪期間を規定している『太政官布告』自体が既に昭和22年には廃止されている事や、お亡くなりになったお母様もkei様のご結婚をきっとお喜びになられご安心されるのではないかと思いますので、49日忌の法要以降であれば差し支えはないと存じます。

 とは申しましても、 kei様のご親族をはじめ相手様のご両親様やご親族方のご意向も御座いますので、充分なお話し合いをされたほうが宜しいでしょう。
(式場の延期が可能であればご入籍だけ済まされ、ご披露宴は後日改めて行うという方も居られるようです)

2010年02月03日 18:30大野屋テレホンセンター 安井



結婚予定の彼のお父さんが亡くなりました。
それぞれの両親への挨拶のみしており、
顔合せはお父さんが療養中ということで
見合わせておりました。

他の方への回答を拝見すると、49日が過ぎたら入籍、
13ヶ月過ぎたら結納、結婚式を行ってもよいとのことですが、
結納より先に入籍しても構わないでしょうか。

ご意見おきかせください。

2010年02月26日 16:31M



M様

結婚には相手側のご事情や立場などもあり迷われることも多いですね。
近親者が亡くなった場合、喪に服してお祝い事などは控えるのがしきたりですから、結納や結婚式も本来であれば喪が明けてから執り行うべきです。

しかし何かご事情があって結婚を急がれている方には、入籍を先に済ませ、結納や結婚式などお祝いの席は喪が明けてからという選択肢もご紹介いたします。

いずれに致しましても相手先のお家のお考えもあると思いますので、
ご両家でよくご相談されては如何でしょうか。

2010年03月03日 13:34大野屋テレホンセンター 高浜



彼のお祖父様が体調が思わしくなく、数日前から入院されています。今のところは落ち着いているそうですがお祖父様はご高齢なこともあり、いつ容態が急変してもおかしくないと彼はご両親から言われているそうです。
11月ぐらいに両親顔合わせを行い、来年1月に入籍を予定しており、結婚式はその半年後ぐらいに考えております。
もしもの場合、入籍を延ばさなければならないでしょうか?

2010年07月20日 23:48はじゆきりらくま



はじゆきりらくま様

 お祖父様のご容態本当に心配ですね。
 ご質問頂きました『喪中期間中のお祝い事』に関しましては、其々のご親族様のお考えや従来からの慣習も御座いますので、万一の場合にはご両家でのお話し合いが必要かと存じます。
 又、お仕事や住居等諸般のご事情が有る場合には喪中であっても『入籍』だけはしておかれ、喪があけた段階で結婚式と披露宴をされるという例も御座います。
最近では結納も式場の予約も完了した段階だったり、結婚式の直前での葬儀などという場合には、ご両家の判断で予定通りにお式を挙げられることも少なくありません。故人も子や孫の幸せをきっと喜んでくれるであろうと思っての決断だと思います。

2010年07月25日 18:07大野屋テレホンセンター 安井



現在、海外在住の者です。
7月に婚約し、彼の家族(フランス)の都合もあり来年8月頃に日本で結婚式を行う予定でおりました。

しかし先月母から連絡があり伯母の余命が短いことを聞き、急遽1週間だけ帰国し最期に元気な姿が見れ、話もできたので結婚の報告もすることができました。

その伯母が昨日亡くなったとの連絡を受けました。

葬儀につきましては母からも親族も承知していただいているようで帰国はできないのですが、この場合、私自身の結婚式は1年以上後にした方がよろしいのでしょうか。

また、現在の在住国にて来週の結婚式に招待されており出席の報告をしておりました。
こちらは出席を控えた方がよろしいのでしょうか。

2010年09月10日 00:06K.A



K・A様

伯母様が亡くなったからと言って結婚式を1年も延ばさなくても良いのではないでしょうか。お母様と良く相談して、そのまま式の準備は進められては如何でしょうか。

来週、呼ばれているに結婚式には出席は控えた方がよいかも知れませんが、結婚される方との関係にもよりますので一概には言えません。結婚される方に率直に事情を話してご相談されてみては如何でしょうか?

2010年09月14日 10:19大野屋テレホンセンター 小嶋



7/10入籍を済ませた息子の嫁さんの母が、9/14亡くなりました。式・披露宴を来年3/25に予定していましたが、決行してもいいものでしょうか? 
死因によっても、違いがありますか? 

2011年09月15日 21:49sato



Sato様

義母様のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。

しきたりにおいては、近親者を亡くされた方は1年間を喪中とし
お祝い事は避けられるのが一般的で、死因による違いはございません。
できれば「服喪期間」を過ぎてからの式・披露宴が望ましいのですが、
故人様が結婚式を心待ちにしていた場合などは予定通り執り行うこともあるようです。
まずはご両家でよくよくご相談されて、執り行うかどうかご判断されては
如何でしょうか。

2011年09月16日 15:29大野屋テレホンセンター 高浜



9月23日会社の部下の結婚式に参加予定で新婦側の主賓のスピーチの予定です。しかし私の叔父の容態が悪く、ここ2~3日が山との状況です(9月19日現在)。もし万が一ということが、前日や2日前に起こった場合やはり結婚式には欠席すべきものでしょうか?その時の対応等教えてください。

2011年09月19日 06:54ロッシ



ロッシ様

叔父様のご容態心配でございますね。
近親者が死亡した際にはその死を悼み一定期間
喪に服されるしきたりがあります。喪中期間については明治時代に作られた
忌服規定(昭和22年に廃止)が現在も目安として使われているようです。
喪中の期間は「慶事や御祝の席への出席は控えること」となって
おりますが、現実の社会生活で厳格に守ることは大変難しいと
いわざるをえません。
喪中の結婚式への出席は当事者(喪主)ならば取りやめるべきですが、
ロッシ様のお立場ですと欠席までなさらなくても宜しいのでは
ないでしょうか。式での大切な主賓スピーチを任されていらっしゃいますし
予定通りご出席されてもお差支えないのではないでしょうか。

叔父様がもしもの時には、葬儀に参列されるご家族様に「御香典」を
お預けになるか、もし時間の都合が付くようでしたら通夜、告別式の
どちらかにご出席されては如何でしょうか。

2011年09月19日 17:27大野屋テレホンセンター 高浜



’11.9月末に入籍をし、’12.3月に結婚式を予定している者です。
今月(11月)になって主人のおばあさまが亡くなられたのですが、一般常識的には、3月には、結婚式をさける方が良いでしょうか。
また、この場合、私と主人にとって喪中期間は、どれぐらいになりますでしょうか。

2011年11月02日 06:52リリー



リリー様

ご主人様から見ると喪中期間は父方の祖父母は150日、母方の祖父母は90日
とされていますが、ご主人様のご両親にとっては13ヶ月の喪中期間となります。
(こちらは明治時代に定められた法律で今は廃止されているので、あくまで
目安となるものです。)

お客様ご夫婦は3月には喪は明けていらっしゃいますが、ご両親はお祝事を
避けなければいけない期間です。
結婚式にはご両親も当然出席されるかと思いますので、ご主人様のご家族と
よくご相談されて、延期する、あるいは派手な披露宴などは避けて両家の
顔合わせ程度のものにするという方法をとってはいかがでしょうか。

2011年11月09日 19:35大野屋テレホンセンター 沖



先月祖父を亡くしました。

今一年以上付き合ってる彼女かいますが前々から結婚することになってました。
相手の親への挨拶も済んでます。

祖父を無くしたので式は一年忌を過ぎてからと思っていますが
入籍に関してはどうなのかなと思ってます!

家は神道なので50日過ぎてからならいいとは思ってますがどうなんでしょうか?
やはり世間的には結納や入籍も一年忌を過ぎてからなんでしょうか?

2012年06月10日 18:48an



an様

祖父様のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。

近親者が死亡したさいに、その死を悼み一定期間喪に服し、
その間の慶事などは控えられるのが一般的です。
ですので、an様が考えていらっしゃるように結婚式は「服喪期間」が
過ぎてからが望ましいと思いますが、入籍に関しましては50日祭が
終わり両家の了解がいただければ特に問題はないかと存じます。

2012年06月20日 19:27メモリアルアートの大野屋 高浜



私たちはすでに同居をしていて、前々から今月(12月)の25日に入籍を決めておりましたが、11月29日に結婚する相手の義姉が亡くなりました。
入籍はしてもよいものでしょうか?
教えて下さい。

2012年12月10日 16:09ramumama



ramumama様

 義姉様ご逝去との事、謹んでお悔やみ申し上げます。

 ご兄弟が亡くなられた場合の服喪期間は90日となっており、その間はお祝い事を慎むのが一般的です。
とは申しましても、既にご一緒にお住まいと言うことですしご両家の方々も了解されておられるのでしたら、入籍自体は問題ないと存じます。

※※
蛇足ですが、入籍後のご披露宴に関しましては、お葬儀が終わったとはいえ、暫くの間はご法要事が続き何かと落ち着かないと存じますので、49日忌が無事に終了された頃にでも、両家のご親族様方だけででもお顔合せの席を設けられては如何でしょうか。

2012年12月17日 10:06大野屋テレホンセンター 安井



今月(2月)、結婚相手の母方祖父が亡くなりました。
今年結婚を予定しておりましたが、結婚は1年先延ばしにした方がいいのでしょうか。何日すぎたら結婚してもいいのでしょうか。
仏事マナーには無知であるためご返答よろしくお願いします。

2013年02月21日 13:02ゆみ



ゆみ様

近親者を亡くした方は、その死を悼み一定期間喪に服すしきたりがあり
喪中期間中は神社への参拝や慶事は差し控えるようにと言われております。

【喪中期間】結婚相手のご両親様・・・1年
      結婚相手の喪中期間・・・90日

できれば喪中期間を過ぎてからの式が望ましいのですが、
そこまで待つことが難しいようであれば、双方のご両親様に相談されて
両家の意向を確かめられてはいかがでしょうか。

2013年02月26日 11:24メモリアルアートの大野屋 高浜



今年初めにプロポーズを受けましたが、2週間後に彼の父方の祖母が亡くなりました。
四十九日がすぎたので、挨拶に行きましたが、彼のご両親は喪中を気にしなくてよいといい、私の両親は喪中が明けるまで待ちなさいとのこと。

それまでに行ってもよいこと(結納、顔合わせ、式の準備など・・・)はなんですか?
(入籍だけ先にというのは許されておりません)

また喪中とは、命日より丸一年までなのか、一周忌の法要までとするのかも教えていただきたいです。

2013年03月08日 01:11AI



AI様

彼の祖母様のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。
忌服期間に付きましては下記のようになりますが、明治7年に
太政官布告によって定められたもので、すでに廃止されております。
彼・・・・忌中期間30日 服喪期間150日
お父様・・忌中期間50日 服喪期間13ヶ月

喪中についての考え方は、両家のしきたりや宗教・地域の風習などの
違いもあります。本来なら、結納、顔合わせ、お式の準備など彼の
ご両親様の喪が明けてから進めらた方が宜しいかと思います。
でも式場の準備は1年位前から準備しないと間に合わないことも
ございますね・・・
ご結婚式は、皆様にお祝して頂いた方が宜しいかと思いますので
ご両家でもう一度、お話し合いされては如何でしょうか。

2013年03月10日 14:06メモリアルアートの大野屋 小松



5月に入籍します。
式はどうしようかと言っていた矢先、2月に彼の姉の旦那さんの弟が亡くなりました。
やはり結婚式は一年間避けた方がいいのでしょうか。

2013年04月10日 09:02KK



KK 様

 喪中期間中にはお祝いの席への出席を遠慮するのが一般的ですが、この度は義理のお兄様の弟さんと言うことですので、お二人とも喪中範囲には当たりません。(お姉様ご夫婦に取りましても、ご兄弟が亡くなった場合の忌中期間は20日・喪中期間は90日ですので亡くなられた日によっては喪も明けるかと存じます)
 いずれに致しましても、ご結婚に関しましては従来からのご親族間の慣習もございますので、両家のご両親様方とのお話し合いが肝要かと存じます。

2013年04月11日 09:25大野屋テレホンセンター 安井



4月初旬に母が亡くなりました。
お付き合いしている人がいるのですが、結婚、入籍、妊娠などの祝い事は、どのくらい控えたらよいですか。

2013年04月13日 12:11SS



SS様

お母様のご逝去、謹んでお悔やみ申し上げます。
実のご両親様が亡くなられた場合は、1年間の喪中とするのが一般的な慣習で
すので、その間はお祝い事を控えるのが望ましいです。ただし、既に式の日
取りが迫っていてキャンセルが難しかったり、故人様が結婚式を心待ちにさ
れていた場合などは、両家で相談をして執り行うこともございます。
SS様の場合4月初旬ということですと、まだ亡くなった間もないので少なく
とも四十九日の忌明けが済むまでは、控えられた方がよろしいかと思います。

2013年04月16日 12:17大野屋テレホンセンター 沖



今年5月に主人の母親が亡くなったのですが、来月1月に孫の誕生日は控えた方がいいんでないか?

2013年06月04日 09:17よちゃん



よちゃん様

義母様のお悔やみ申し上げます。

喪中期間の目安になる太政官布告によれば、よちゃん様の喪中期間は1年間、お子様ご夫婦は150日、お孫さんの喪中期間は90日が目安になります。

喪中の間は慶事への参加や遊興を控えるのが一般的です。
しかし、来月が誕生日というこでしたら、お孫さんも誕生日を楽しみにしていらしたかと思いますので、お身内で内々にお祝いをされる分には差し支えないかと存じます。
1月が誕生日でしたら、喪は明けていますから、お祝いされてなんら差し支えないかと存じます。

2013年06月15日 18:48大野屋テレホンセンター 横田



質問です。(2013年6月22日)
結婚式を今年10月に控えています。式場には申込金10万円払い込み済みで、キャンセルしてもその申込金10万円は戻ってきません。本題は、夫の祖母が、今はまだ生きていますが、肝臓に癌が転移していて、いつ亡くなるかがわからない状況です。ただ、まだ危篤状態ではなく、こちらとしては、いつお亡くなりになられるか?神のみぞ知るで、その死が結婚式の10月以降なのか、結婚式前なのかが読めないので、万が一、結婚式前に亡くなられても、予定している10月に結婚式(もうすでに親族に連絡済みで案内状を作成しようとしているところです)は挙げたいのですが、結婚式前に亡くなられたら、喪に服す期間は結婚式を挙げてはいけないのでしょうか?結婚式を挙げると顰蹙ですか?教えて下さい。

2013年06月22日 13:23まよ



まよ様

お祖母様のご容態心配でございますね。

近親者が死亡した際にはその死を悼み一定期間、喪に服されるしきたりがあります。喪中期間については、明治時代に作られた忌服規定(昭和22年に廃止)が現在も目安として使われているようです。

その忌服規定によると婚約者の祖母様が亡くなられた場合、父方の祖母の場合は忌中期間30日、服喪期間150日、母方の祖母の場合は忌中期間30日、服喪期間90日となっており、その期間には「慶事や御祝の席への出席は控えること」となっております。

服喪期間が過ぎれば、通常の生活に戻られて構いませんので、結婚式を挙げられても一向に問題ありません。そうはいいましても、結婚式となるとご両親やご親族の方も参列いたします。血縁によっては服喪期間がまよ様たちよりも長い13ヶ月の方もいらっしゃいますので、ご両親や他のご親族のことを考えれば、1年間は結婚式は差し控えられた方が望ましいのかもしれません。

しかし、お祖母様もお孫さんの結婚を楽しみにしていらっしゃることでしょう。また既に結婚式場の予約も済み、案内状を出す段階にまできていらっしゃるとのこと、このまま結婚式の準備を進められ、万一の事があってもご両家の判断によって予定どおりお式を挙げられるということも無いわけではありません。

よくご両家でご相談されて今後の事を決められてはいかがでしょうか。

2013年07月02日 11:54メモリアルアートの大野屋 小林



8月24日にお付き合いしている彼の実のお姉さんが亡くなりました。
彼はハワイの人で国際結婚になるのですが、結婚の手続きが思うように進まず、2年以上入籍が延び延びになっています。
やっと、今年の9月中旬頃に彼が日本に来て、東京のアメリカ大使館で面接を受けた後に日本で入籍できそう、と言うところまでこぎつけたのに、残念ながらお姉さんが亡くなられました。
一般的に喪中の1年間はお祝い事は厳禁、と聞いています。
それは、ハワイでも同じだそうです。
ですが、私の家族は「今までいろいろなことが重なって、思うように進まなかった結婚の手続きが、やっと前に進みそうなのに、入籍くらいしてはいけないの?これを逃したら、また1年間待たないといけないでしょう?2人とも若くないし、もう十分すぎるほど待ったでしょう?結婚式は喪が明けてからしたらいい。入籍だけでも、出来るときにやっておいてはいけないの?」といっています。
国際結婚は手続きが煩雑で待機期間も長く、2年以上待ってやっと…と思っていたのに、です。
結婚式だけでなく、入籍も喪が明けるまで待つべきなのでしょうか?

2013年08月24日 15:46りこ



りこ様

苦労の末、入籍の手続きが目前とのことで、本当におめでとうございます。
そのような中で婚約者様のお姉さまがお亡くなりになり、大変でございましたね。

まず、喪中の考え方についてですが、日本では故人様のとの関係によって期間が
異なります。
例えば、両親であれば丸1年ですが、兄弟の場合は90日とされています。
(ただし、これは明治時代の規定で現在は廃止されおり、今も慣習として参考に
しているのが現状です。)

入籍自体は、派手に祝宴を開いたり、ということではありませんので、ご不幸が
あり式は延ばしても、入籍だけは済ませられるという方はいらっしゃいます。

今回はあくまで婚約者様のご家族の事なので、基本的にはハワイの慣習に従うべ
きかと思いますが、双方のご家族同士で相談されて、それぞれが納得の上であれ
ば入籍されてお差支えないかのではないでしょうか。

良い方向に向かいますようお祈りしております。

2013年09月24日 18:55大野屋テレホンセンター 沖



私は兄弟と両親、父の祖父母と一緒に(同居)暮らしてました。
6月に同居していました祖母が他界しました、婚約者がいまして今年中には
結婚の予定でしたが、入籍のみ10月にし、一緒に暮らします。
結婚式は来年の2月に挙げる事にしました。

質問です この場合11月に出すつもりでいます喪中はがきの書き方なんですが、私のみの名前で出すのか、または入籍後ですから夫と連名で出す方が正しいのでしょうか?

2013年09月24日 20:05ユキ



ユキ 様

 お祖母様ご逝去とのこと、謹んでお悔やみ申し上げますとともに心よりご冥福をお祈りいたします。

 父方の祖父母の逝去に伴う〔服喪期間〕に関しましては、太政官布告では150日となっております。が、ユキ様は結婚され姓が異なっておりましても、ご夫婦で同居しておられると言うことですので、やはりこの度はご夫婦連名で出された方が宜しいかと存じます。

2013年10月18日 14:21大野屋テレホンセンター 安井



今月、私の祖父が老衰で他界しました 。
たまたま今月の頭に同棲中の彼から来年海外出張に
なりそうだから、その前に籍を入れたいと言われました。

もし入れるとすると出発前なので3月か4月になります。
この場合、先伸ばしにするべきか・入籍していいものか
悩んでいます。

2013年10月28日 00:13mana



mana様

祖父様のご逝去、謹んでお悔やみ申し上げます。

明治時代に決められた服喪規定によりますと、父方の祖父母は150日、母方の
祖父母は90日の喪中とされております。(ただし、現在は廃止されております。)
場合によっては3月まで喪中ではありますが、四十九日の忌明けは過ぎておら
れるため、派手なお祝いではなく、ご入籍ということであれば特にお差支え
ないかと存じます。

亡くなられた祖父様も、お孫さんが幸せになられて喜んでいらっしゃるので
はないでしょうか。
ご納骨がお済みであれば、出発前にお墓参りなどされてご入籍の報告をされ
てもよろしいかと思います。

2013年11月30日 13:26大野屋テレホンセンター 沖



2日前に祖父が亡くなりました。
祖父母が亡くなったのが初めてだったので、葬儀のマナーだったりよくわからない所があるので、教えて頂きたいです。
今日葬儀なります。葬儀後はしばらくどこにも行かずおとなしくしていた方が良いのでしょうか?買い物や友人や彼氏と会うことは控えた方が良いのでしょうか?祝い事を避けるというのは知っているのですが、遊ぶということも華やかと言いますか、、これからだとクリスマスイベントもありますし、その辺もどうしたら良いのかわかりません。ただ年末年始の飲み会だったり祝い事は避けるつもりです。

2013年12月15日 02:14匿名



匿名様

御祖父様のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。

祖父母が亡くなった場合、一般的に父方の祖父母であれば150日、母方の祖父母であれば90日を服喪期間といたします。
服喪期間には結婚式や祝賀会などのお祝事は避け、遊興や旅行なども差し控えます。

これからの時期、クリスマス会、忘年会、お正月、新年会と一年間でも特にいろいろなイベントがある時期となります。
お若い方にとっては、そのようなイベントに参加できない事は寂しいかもしれませんが、大切な御祖父様の事を想い、今回だけは差し控えられたほうがよいのではないでしょうか。

また外出に関してですが、全く何処にも出かけてはいけないということはございませんが、必要最小限にされたほうが宜しいかと存じます。

2013年12月17日 14:13メモリアルアートの大野屋 小林



私の伯母が亡くなったら、息子の結婚式はいつまで延ばさなければいけませんか?

2014年01月11日 11:01FUJISANN



FUJISANN 様

 お問い合わせいただきました〔服喪期間〕に関しましては、明治7年に発令されました〔太政官布告〕を基準にされるのが一般的です。
其れによりますと、伯父様・伯母様が亡くなられた場合には20日間の忌中・90日間の喪中となっております。
(ご結婚される息子様ご自身は4親等になりますので服喪の範囲ではありません)

とは申しましても〔太政官布告〕自体が既に昭和22年には廃止されておりますので、必ず護らなくてはいけないというものではございません。
この度はご結婚式ということでご心配もひとしおかと存じますが、結婚式の形態や相手様のお考えもありますので、従来からのご親族間の慣習などとあわせてご両家でお話し合いをされては如何でしょうか。

※神前結婚の場合でも、喪中機関に関係なく50日祭が済んでいれば問題ないと仰る神社様もおられます。

2014年01月13日 19:22大野屋テレホンセンター 安井



私の父の父(私からは祖父)が12月になくなりました。
今年結婚を考えていたのですが来年まで
待った方がよいのでしょうか?

2014年01月15日 09:33コロン



コロン様

 ご祖父様のご逝去心よりお悔やみ申し上げます。

 コロ様の父方の祖父様が亡くなられた場合、コロ様の服喪の期間は150日間が目安となっておりますが、コロ様のお父様は実父様が亡くなられたので13ヶ月(今年いっぱい)が服喪の期間となります。

 一般的には服喪の期間は慶事への参加やお祝い事を避けるといわれておりますが、ご両家のお顔併せ等は宜しいと思います。
ご両親様も服喪の期間である事を含めご両親様ともご相談してください。

後は先方様次第です。
コロ様のご結婚は祖父様にとっても嬉しい事であると思いますが先方様のご家族のお考えもあると思います、そのような事にあまりこだわらない方や非常にこだわりを持つご家族もいらっしゃると思います、そのあたりを踏まえて、ご両家でご相談ください。

2014年01月21日 12:44メモリアルア-トの大野屋 鈴木



2013年10月22日に父の叔母が亡くなったのですが、結納をしたいと思っているのですが大丈夫なのでしょうか?

2014年04月01日 18:55こう



こう 様
 
服喪期間に関しましては、一般的には明治7年に発令され戦後廃止になった〔太政官布告〕を基準にされておりますが、それによりますと、
兄弟姉妹・叔父叔母の場合には20日間の忌中、90日間の喪中となっております。
従いまして今回の場合は、亡くなられたのが昨年の10月という事ですので、
こう様、ご両親様のどちらも〔喪〕は明けておられますのでご心配は全くございません。

2014年04月23日 18:30大野屋テレホンセンター 安井



先日婚約者の祖父が亡くなりました。

婚約者といっても、先月プロポーズをうけたばかりで、具体的な顔合わせはまだ行っておりません。

相手方のご両親には、ご自宅へ遊びにいったときに挨拶をした程度で、プロポーズされてから正式に挨拶をしている訳ではありません。
そしてお亡くなりになった祖父とは面識すらありません。
とりあえずお焼香をあげにお通夜にだけ参列しようと思っているのですが、質問は

①香典をいくらつつむか
②私の母親も香典を包むといっているので、この場合別で包んだほうがいいのか、また母親の金額はいくらぐらいがよいのか。

以上2点です。
よろしくお願いします。

2014年04月23日 20:55たまかん



たまかん様

お香典の金額につきましては、たまかん様の場合は正式な顔合わせもまだということですし、
親しい友人の1人として5千円程度を目安に包まれてはいかがでしょうか。

お母様もお香典を包まれたいということですが、まだご家族同士のお付き合いも始まっていないので、とくに包まなくともよろしいかとは存じます。
もしお母様のお気持ちとしてお包みしたいという場合はたまかん様とは別にご用意したほうがよろしいかと存じます。

2014年04月24日 19:59大野屋テレホンセンター 横田


父方の祖父が今年の7月中旬過ぎに亡くなりました。
今、年上の彼女と今年の6月から同居生活を始めています。

彼女の強い希望で、彼女が30歳になる直前の来年5月に結婚することで、式場を予約しており 、両家両親にも報告していますが、親同士の顔合わせなどは、まだ行っていません 。

 現在、私を含めて両親やおじ、おばなど親族が喪中です。私の喪は、150日だと思いますので、今年の12月中旬過ぎには明けますが、両親の喪が明けるのは来年の7月になり、私の両親が喪中の間に、結婚式を挙行して良いのか、また、おじ、おばから両親がどのような目で見られるか気になります。

更には、私の両親が「穢れ(気が枯れる)」を拡散させるということで、彼女の親族が良く思わないのではないかと心配です。

私自身は、彼女の希望を叶える意味でも、予定通り来年5月に結婚式を挙げたいのですが、どうすれば良いでしょうか。両家の話し合い次第だと思いますが、どうすればよいか、教えてください。よろしくお願いします。

2016年09月11日 15:58年上の彼女



年上の彼女様

ご相談を頂きまして有難うございます。
大野屋テレホンセンターの川島がお答えします。

お話の通り慣習に従いますと、ご両親は喪中であり祝い事や遊興他控える事と言われております。
ただし現代では慣習に従う以上に、当事者と関係者のお考えによることが多くなっております。
実際に、「孫の幸せな結婚を故人も喜んでくれるだろうし、何よりの供養になる」とご両家了解のもと結婚式を挙げられる方も多いです。

「年上の彼女様」が言われるように、まずお二人のお気持ちをご両家に伝え了承されれば、結婚式を挙げられて宜しいと思います。
もしも了解を得られない場合は、その後の様々な事を思いますと式は日延べされた方がいいと考えます。

最後に、ご存じかも知れませんが、昨今言われている喪中期間は明治からのもので、明治より以前は、もっと長い喪中期間が言われておりました。
要は、長い日本の歴史の中で常に変わってきたという事です。
ならば、明治の初めに短い期間言われたものが、戦後70年の間に時代とともに変化していくのは当然の事です。

いずれにしましても大事な事は、お二人の気持ちとご両家の考えですので、時間をかけてよくよく相談してみて下さい。

2016年09月11日 16:00大野屋テレホンセンター 川島


メモリアルアートの大野屋WebShop 本店

メモリアルアートの大野屋 Facebookページ

喪中(年賀欠礼)の質問一覧

喪中 夫と妻の考え方
2014年11月05日
喪中のお正月
2014年09月21日
喪中のときのお年玉
2014年01月14日
喪中の祭事参加
2013年12月16日

コメント入力フォーム(お気軽にご相談下さい。)

メルマガ登録

メモリアルアートの大野屋WebShop 本店

メモリアルパーク川口山王

酒々井霊園

町田いずみ浄苑フォレストパーク

明治の森霊園

雲龍院「龍華堂」

京都桃山霊苑

各種カタログ・詳細資料を無料でお送りします。

[PR]外部サイト

  • あんしん相続・なっとく葬儀ドットコム
  • 親戚まっぷシリーズ つくれる家系図