仏事のQ&A

時期が過ぎてからの弔問について



5年前に辞めた会社の後輩でとても仲良くしていた人が昨年5月に亡くなりました。年賀状のやりとりをしていたので、例年通り昨年年賀状を出したところ、お母様より急逝したとのお葉書を頂いて初めて知りました。

ご焼香をさせて頂きたいと申し出て、ご実家に伺うことになったのですが、ご仏前などを持参してご実家にお返しなどの気を遣わせてもよいのか気になっています。

元の会社の上司などからも何か気持ちをお伝えして欲しいといわれており、おそらく代表のような形で伺うことになると思うのですが、その場合持参するのはやはりご仏前がよいのでしょうか。お線香やお供物、お花などでもお返しなどの気を遣わせてしまうことには変わりないでしょうか。
「お返しは結構です」と言うことは失礼に当たりますか?

また服装は喪服ではなく地味な服装であれば問題ないでしょうか。
ご質問の友人宅へお参りされる際のお供えに関しましては、故人様のお好きだった物やご家族で召し上がって頂ける菓子折り、お花等を添えて『御仏前』をお持ちする事が多いようです。 
金額的には5千円~1万円程度を目安にされれば宜しいでしょう。 

又お返しに関しては、頂戴した金額の多少に係わらず、娘の為にご友人が来て下さるという事自体がこの上なく嬉しく有り難いのですから、そのことへの感謝の気持ちをお返しという形で示されるとしたら、其れは素直に(お気にされる事なく)頂いて宜しいのではないでしょうか。 

服装は仰るとおり地味めなものでしたら結構です。 

bnr_shinmotu.jpg