仏事のQ&A

会社の方への年賀欠礼状



会社の後輩の方々にも年賀欠礼状を出すのでしょうか?
知らずに年賀状をいただいた場合はどうしたらいいのでしょうか。

受け取った側に余計な心配をかけないよう、無くなった人と自分との続柄、欠礼状をだそうとしている相手と自分との関係を考慮して出す先を考えます。

最近では、儀礼的に年賀状を出すような、仕事関係の相手には欠礼状を出さない方も増えています。ただし、私生活と仕事が密接に関わっている場合などは、仕事上の付き合いの方にも欠礼状を出します。年賀欠礼状を誰に出すかに関しては、これといった決まりはありませんので、あくまでもご自分のお気持ちの問題です。

また、年賀状をいただいた場合でも、特にこうするといった決まりはありません。相手と自分との関係を考えて、松の内(1月7日)が過ぎた頃に、寒中見舞でお返しても構いませんし、服喪中であることを手紙で伝えたりしても良いでしょう。

なお欠礼状を出す場合は、12月初旬には相手方に届くようにします。

仏事まめ百科「喪中とは?期間と範囲は?」はこちら 

 

*季節のマナーやしきたり情報がタイムリーに届く「無料メールマガジン登録」はこちら!

  メルマガ登録をするともれなく仏事ガイドブックプレゼント!
 仏事ガイドブックのサンプルはこちらでご覧ください。

bnr_shinmotu.jpg