仏事のQ&A

喪中のお知らせをメールで出してもいいでしょうか?



父方の祖父が9月に亡くなり、大野屋さんのホームページによると今年喪中ということになりますが、喪中はがきは郵便でないといけないのでしょうか?

というのは、多くの友人とは普段メールでのやり取りで、年賀状も毎年メールで「おめでとう」と送り合っています。
それでもやっぱり喪中はがきははがきでないと失礼になるでしょうか?

 

メールで新年のあいさつをすることも、若い世代を中心に広がっていますので、いずれは喪中のあいさつもメールでということも考えられますね。

受け取る方が親しいご友人であまりマナーなどに厳しくない方なら、メールでのあいさつもご理解いただけるかもしれません。
ただやはり現状はきちんとはがきで出したほうが丁寧であることは間違いありません。


日本郵政グループのサイトによると
年始とはかつては一族が氏神社などで年ごもりをして新しい年を迎える儀式だったのが、親族どうしが家を訪ねて正月を祝う習慣となり、さらに世話になった人なども訪ねる年始回りに発展し、最終的に年賀状へと繋がったそうです。

直接訪ねての年始回りが簡略化して年賀状になり、年始のごあいさつができないことを事前に知らせお詫びするのが喪中はがきだとすれば、さらに簡略化が進み、年賀状も喪中はがきもメールへというのが、これからの時代の自然な流れとなるのかもしれません。

仏事まめ百科「喪中はがきを出す方」はこちら 

 

*季節のマナーやしきたり情報がタイムリーに届く「無料メールマガジン登録」はこちら!

  メルマガ登録をするともれなく仏事ガイドブックプレゼント!
 仏事ガイドブックのサンプルはこちらでご覧ください。

bnr_shinmotu.jpg